Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

48.6.6. ゾーンおよびソースを使用して特定ドメインのみに対してサービスの許可

特定のネットワークからのトラフィックを許可して、マシンのサービスを使用するには、ゾーンおよびソースを使用します。以下の手順では、他のトラフィックがブロックされている間に 192.0.2.0/24 ネットワークからの HTTP トラフィックのみを許可します。

警告

このシナリオを設定する場合は、default のターゲットを持つゾーンを使用します。192.0.2.0/24 からのトラフィックではネットワーク接続がすべて許可されるため、ターゲットが ACCEPT に設定されたゾーンを使用することは、セキュリティー上のリスクになります。

手順

  1. すべての利用可能なゾーンを一覧表示します。

    # firewall-cmd --get-zones
    block dmz drop external home internal public trusted work
  2. IP 範囲を internal ゾーンに追加し、ソースから発信されるトラフィックをゾーン経由でルーティングします。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-source=192.0.2.0/24
  3. http サービスを internal ゾーンに追加します。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-service=http
  4. 新しい設定を永続化します。

    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

検証

  • internal ゾーンがアクティブで、サービスが許可されていることを確認します。

    # firewall-cmd --zone=internal --list-all
    internal (active)
      target: default
      icmp-block-inversion: no
      interfaces:
      sources: 192.0.2.0/24
      services: cockpit dhcpv6-client mdns samba-client ssh http
      ...

関連情報

  • ゾーンの詳細は、man ページの firewalld.zones(5) を参照してください。