Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第25章 systemd ネットワークターゲットおよびサービス

NetworkManager は、システムの起動時にネットワークを設定します。ただし、root ディレクトリーが iSCSI デバイスに保存されている場合など、リモートルート (/) で起動すると、RHEL が起動する前に、ネットワーク設定が初期 RAM ディスク (initrd) に適用されます。たとえば、rd.neednet=1 を使用してカーネルコマンドラインでネットワーク設定を指定すると、リモートファイルシステムのマウントに設定を指定すると、ネットワーク設定が initrd に適用されます。

本セクションでは、ネットワーク設定の適用時に使用される networknetwork-onlineNetworkManager-wait-online サービスなどの異なるターゲットと、network-online サービスの開始後に systemd サービスが開始するように設定する方法を説明します。

25.1. systemd ターゲット network と network-online の違い

Systemd は、ターゲットユニット network および network-online を維持します。NetworkManager-wait-online.service などの特殊ユニットは、WantedBy=network-online.target パラメーターおよび Before=network-online.target パラメーターを持ちます。有効にすると、このようなユニットは network-online.target で開始し、一部の形式のネットワーク接続が確立されるまでターゲットに到達させるよう遅延します。ネットワークが接続されるまで、network-online ターゲットが遅延します。

network-online ターゲットはサービスを開始します。これにより、実行の遅延が大幅に増加します。Systemd は、このターゲットユニットの Wants パラメーターおよび After パラメーターの依存関係を、$network ファシリティーを参照する Linux Standard Base (LSB) ヘッダーを持つすべての System V(SysV) init スクリプトサービスユニットに自動的に追加します。LSB ヘッダーは、init スクリプトのメタデータです。これを使用して依存関係を指定できます。これは systemd ターゲットに似ています。

network ターゲットは、起動プロセスの実行を大幅に遅らせません。network ターゲットに到達すると、ネットワークの設定を行うサービスが開始していることになります。ただし、ネットワークデバイスが設定されているわけではありません。このターゲットは、システムのシャットダウン時に重要です。たとえば、起動中に network ターゲットの後に順序付けされたサービスがあると、この依存関係はシャットダウン中に元に戻されます。サービスが停止するまで、ネットワークは切断されません。リモートネットワークファイルシステムのすべてのマウントユニットは、network-online ターゲットユニットを自動的に起動し、その後に自身を置きます。

注記

network-online ターゲットユニットは、システムの起動時にのみ役に立ちます。システムの起動が完了すると、このターゲットがネットワークのオンライン状態を追跡しなくなります。したがって、network-online を使用してネットワーク接続を監視することはできません。このターゲットは、1 回限りのシステム起動の概念を提供します。