Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

28.3. NetworkManager 接続の DNS 優先度の設定

本セクションでは、NetworkManager が /etc/resolv.conf ファイルを作成または更新する際に DNS サーバーの順序を定義する方法を説明します。

DNS 優先度の設定は、異なる DNS サーバーが設定された複数の接続がある場合にのみ有効であることに注意してください。複数の DNS サーバーが設定された接続が 1 つしかない場合は、接続プロファイルで DNS サーバーを優先順に手動で設定します。

前提条件

  • システムに NetworkManager の接続が複数設定されている。
  • システムで、/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf ファイルに dns パラメーターが設定されていないか、そのパラメーターが default に設定されている。

手順

  1. 必要に応じて、利用可能な接続を表示します。

    # nmcli connection show
    NAME           UUID                                  TYPE      DEVICE
    Example_con_1  d17ee488-4665-4de2-b28a-48befab0cd43  ethernet  enp1s0
    Example_con_2  916e4f67-7145-3ffa-9f7b-e7cada8f6bf7  ethernet  enp7s0
    ...
  2. ipv4.dns-priority パラメーターおよび ipv6.dns-priority パラメーターを設定します。たとえば、Example_con_1 接続に対して、両方のパラメーターを 10 に設定するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify Example_con_1 ipv4.dns-priority 10 ipv6.dns-priority 10
  3. 必要に応じて、他のコネクションに対しても 1 つ前の手順を繰り返します。
  4. 更新した接続を再度アクティブにします。

    # nmcli connection up Example_con_1

検証手順

  • /etc/resolv.conf ファイルの内容を表示して、DNS サーバーの順序が正しいことを確認します。

    # cat /etc/resolv.conf