Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

23.3. nm-connection-editor を使用して既存の接続にデフォルトゲートウェイを設定する

ほとんどの場合、管理者は接続を作成するときにデフォルトゲートウェイを設定します。ただし、nm-connection-editor アプリケーションを使用して、以前に作成した接続でデフォルトのゲートウェイを設定したり、更新したりすることもできます。

前提条件

  • デフォルトゲートウェイが設定されている接続で、静的 IP アドレスを少なくとも 1 つ設定している。

手順

  1. ターミナルを開き、nm-connection-editor と入力します。

    # nm-connection-editor
  2. 変更する接続を選択し、歯車のアイコンをクリックして、既存の接続を編集します。
  3. IPv4 デフォルトゲートウェイを設定します。たとえば、その接続のデフォルトゲートウェイの IPv4 アドレスを 192.0.2.1 に設定します。

    1. IPv4 Settings タブを開きます。
    2. そのゲートウェイのアドレスが含まれる IP アドレスの範囲の隣の gateway フィールドにアドレスを入力します。

      set default gw in nm connection editor ipv4

  4. IPv6 デフォルトゲートウェイを設定します。たとえば、接続のデフォルトゲートウェイの IPv6 アドレスを 2001:db8:1::1 に設定するには、以下を行います。

    1. IPv6 タブを開きます。
    2. そのゲートウェイのアドレスが含まれる IP アドレスの範囲の隣の gateway フィールドにアドレスを入力します。

      set default gw in nm connection editor ipv6

  5. OK をクリックします。
  6. Save をクリックします。
  7. ネットワーク接続を再起動して、変更を有効にします。たとえば、コマンドラインで example 接続を再起動するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection up example
    警告

    このネットワーク接続を現在使用しているすべての接続が、再起動時に一時的に中断されます。

  8. 必要に応じて、ルートがアクティブであることを確認します。

    IPv4 デフォルトゲートウェイを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ip -4 route
    default via 192.0.2.1 dev example proto static metric 100

    IPv6 デフォルトゲートウェイを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ip -6 route
    default via 2001:db8:1::1 dev example proto static metric 100 pref medium