Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

28.2. NetworkManager 全体でデフォルトの DNS サーバー優先度の値の設定

NetworkManager は、接続に以下の DNS 優先度のデフォルト値を使用します。

  • VPN 接続の場合は 50
  • 他の接続の場合は 100

本セクションでは、このシステム全体のデフォルトを、IPv4 接続および IPv6 接続のカスタムデフォルト値で上書きする方法を説明します。

手順

  1. /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf ファイルを編集します。

    1. [connection] セクションが存在しない場合は追加します。

      [connection]
    2. [connection] セクションにカスタムのデフォルト値を追加します。たとえば、IPv4 と IPv6 の両方で新しいデフォルトを 200 に設定するには、以下を追加します。

      ipv4.dns-priority=200
      ipv6.dns-priority=200

      パラメーターは、-2147483647 から 2147483647 までの値に設定できます。パラメーターを 0 に設定すると、組み込みのデフォルト (VPN 接続の場合は 50、他の接続の場合は 100) が有効になります。

  2. NetworkManager サービスを再読み込みします。

    # systemctl reload NetworkManager

関連情報

  • NetworkManager のすべての接続にデフォルト値を設定する方法は、man ページの NetworkManager.conf(5)Connection Section を参照してください。