Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.2. オーセンティケーターにブリッジを設定する

ネットワークブリッジは、MAC アドレスのテーブルに基づいてホストとネットワーク間のトラフィックを転送するリンク層デバイスです。RHEL を 802.1X オーセンティケーターとして設定する場合は、認証を実行するインターフェイスと LAN インターフェイスの両方をブリッジに追加します。

前提条件

  • サーバーには複数のイーサネットインターフェイスがあります。

手順

  1. ブリッジインターフェイスを作成します。

    # nmcli connection add type bridge con-name br0 ifname br0
  2. イーサネットインターフェイスをブリッジに割り当てます。

    # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name br0-port1 ifname enp1s0 master br0
    # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name br0-port2 ifname enp7s0 master br0
    # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name br0-port3 ifname enp8s0 master br0
    # nmcli connection add type ethernet slave-type bridge con-name br0-port4 ifname enp9s0 master br0
  3. ブリッジが拡張認証プロトコル over LAN (EAPOL) パケットを転送できるようにします。

    # nmcli connection modify br0 group-forward-mask 8
  4. ポートを自動的にアクティブ化するように接続を設定します。

    # nmcli connection modify br0 connection.autoconnect-slaves 1
  5. 接続をアクティベートします。

    # nmcli connection up br0

検証

  1. 特定のブリッジのポートであるイーサネットデバイスのリンクステータスを表示します。

    # ip link show master br0
    3: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel master br0 state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 52:54:00:62:61:0e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...
  2. EAPOL パケットの転送が br0 デバイスで有効になっているかどうかを確認します。

    # cat /sys/class/net/br0/bridge/group_fwd_mask
    0x8

    コマンドが 0x8 を返す場合、転送が有効になります。

関連情報

  • man ページの nm-settings(5)