Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.5. nmstatectl を使用して既存の接続でデフォルトのゲートウェイを設定

nmstatectl ユーティリティーを使用してネットワーク接続のデフォルトゲートウェイを設定できます。この手順では、既存の enp1s0 接続のデフォルトゲートウェイを 192.0.2.1 に設定する方法を説明します。

前提条件

  • デフォルトゲートウェイが設定されている接続で、静的 IP アドレスを少なくとも 1 つ設定している。
  • enp1s0 インターフェースが設定され、デフォルトゲートウェイの IP アドレスがこのインターフェースの IP 設定のサブネット内にある。
  • nmstate パッケージがインストールされている。

手順

  1. 以下の内容を含む YAML ファイル (例: ~/set-default-gateway.yml) を作成します。

    ---
    routes:
      config:
      - destination: 0.0.0.0/0
        next-hop-address: 192.0.2.1
        next-hop-interface: enp1s0
  2. 設定をシステムに適用します。

    # nmstatectl set ~/set-default-gateway.yml

関連情報

  • nmstatectl の詳細は、nmstatectl(8) man ページを参照してください。
  • 設定例は、/usr/share/doc/nmstate/examples/ ディレクトリーを参照してください。