Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.6. NetworkManager を使用したネットワークインターフェースの現在の qdisk の永続的な設定

NetworkManager 接続の現行 qdisc 値を更新できます。

手順

  1. オプション: 現在の qdisc を表示します。

    # tc qdisc show dev enp0s1
      qdisc fq_codel 0: root refcnt 2
  2. 現在の qdisc を更新します。

    # nmcli connection modify enp0s1 tc.qdiscs ‘root pfifo_fast’

  3. 必要に応じて、既存の qdisc に別の qdisc を追加するには、+tc.qdisc オプションを使用します。

    # nmcli connection modify enp0s1 +tc.qdisc ‘ingress handle ffff:’

  4. 変更を有効にします。

    # nmcli connection up enp0s1

検証手順

  • ネットワークインターフェースの現在の qdisc を表示します。

    # tc qdisc show dev enp0s1
    qdisc pfifo_fast 8001: root refcnt 2 bands 3 priomap  1 2 2 2 1 2 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1
    qdisc ingress ffff: parent ffff:fff1 ----------------

関連情報

  • 詳細は、nm-settings(5) の man ページを参照してください。