Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.2. nmcli を使用して、すべてのトラフィックを受け入れるようにネットワークデバイスを永続的に設定

nmcli ユーティリティーを使用して、MAC アドレスに関係なく、すべてのトラフィックを受け入れるようにネットワークデバイスを永続的に設定できます。

手順

  1. 必要に応じて、ネットワークインターフェイスを表示して、すべてのトラフィックを受信するインターフェイスを識別します。

    # ip address show
    1: enp1s0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state DOWN group default qlen 1000
        link/ether 98:fa:9b:a4:34:09 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...

    接続がない場合は、新しい接続を作成できます。

  2. ネットワークデバイスを変更して、このプロパティーを有効または無効にします。

    • enp1s0ethernet.accept-all-mac-addresses モードを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify enp1s0 ethernet.accept-all-mac-addresses yes
    • enp1s0accept-all-mac-address モードを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify enp1s0 ethernet.accept-all-mac-addresses no
  3. 変更を適用し、接続を再度アクティブにします。

    # nmcli connection up enp1s0

検証手順

  • ethernet.accept-all-mac-addresses モードが有効になっていることを確認します。

    # nmcli connection show enp1s0
    ...
    802-3-ethernet.accept-all-mac-addresses:1     (true)

    この 802-3-ethernet.accept-all-mac-addresses: true は、モードが有効であることを示しています。