Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.5. nmstatectl を使用した VLAN タグ付けの設定

nmstatectl ユーティリティーを使用して、Nmstate API を介して仮想ローカルエリアネットワーク VLAN を設定します。Nmstate API は、設定を行った後、結果が設定ファイルと一致することを確認します。何らかの障害が発生した場合には、nmstatectl は自動的に変更をロールバックし、システムが不正な状態のままにならないようにします。

環境に応じて、YAML ファイルを適宜調整します。たとえば、VLAN でイーサネットアダプターとは異なるデバイスを使用するには、VLAN で使用するポートの Base-iface 属性と type 属性を調整します。

前提条件

  • 物理または仮想のイーサネットデバイスをサーバーにインストールし、VLAN でイーサネットデバイスをポートとして使用する。
  • nmstate パッケージがインストールされている。

手順

  1. 以下の内容を含む YAML ファイル (例: ~/create-vlan.yml) を作成します。

    ---
    interfaces:
    - name: vlan10
      type: vlan
      state: up
      ipv4:
        enabled: true
        address:
        - ip: 192.0.2.1
          prefix-length: 24
        dhcp: false
      ipv6:
        enabled: true
        address:
        - ip: 2001:db8:1::1
          prefix-length: 64
        autoconf: false
        dhcp: false
      vlan:
        base-iface: enp1s0
        id: 10
    - name: enp1s0
      type: ethernet
      state: up
    
    routes:
      config:
      - destination: 0.0.0.0/0
        next-hop-address: 192.0.2.254
        next-hop-interface: vlan10
      - destination: ::/0
        next-hop-address: 2001:db8:1::fffe
        next-hop-interface: vlan10
    
    dns-resolver:
      config:
        search:
        - example.com
        server:
        - 192.0.2.200
        - 2001:db8:1::ffbb

    これらの設定では、enp1s0 デバイスを使用する ID 10 の VLAN を定義します。子デバイスの VLAN 接続の設定は以下のようになります。

    • 静的 IPv4 アドレス: 192.0.2.1 (サブネットマスクが /24)
    • 静的 IPv6 アドレス: 2001:db8:1::1 (サブネットマスクが /64)
    • IPv4 デフォルトゲートウェイ - 192.0.2.254
    • IPv6 デフォルトゲートウェイ - 2001:db8:1::fffe
    • IPv4 DNS サーバー - 192.0.2.200
    • IPv6 DNS サーバー - 2001:db8:1::ffbb
    • DNS 検索ドメイン - example.com
  2. 設定をシステムに適用します。

    # nmstatectl apply ~/create-vlan.yml

検証

  1. デバイスおよび接続の状態を表示します。

    # nmcli device status
    DEVICE      TYPE      STATE      CONNECTION
    vlan10      vlan      connected  vlan10
  2. 接続プロファイルのすべての設定を表示します。

    # nmcli connection show vlan10
    connection.id:              vlan10
    connection.uuid:            1722970f-788e-4f81-bd7d-a86bf21c9df5
    connection.stable-id:       --
    connection.type:            vlan
    connection.interface-name:  vlan10
    ...
  3. 接続設定を YAML 形式で表示します。

    # nmstatectl show vlan0

関連情報

  • nmstatectl(8) の man ページ
  • /usr/share/doc/nmstate/examples/ directory