Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第11章 RHEL を WPA2 または WPA3 パーソナルアクセスポイントとして設定する方法

Wi-Fi デバイスを備えたホストでは、NetworkManager を使用して、このホストをアクセスポイントとして設定できます。Wi-Fi Protected Access 2 (WPA2) および Wi-Fi Protected Access 3 (WPA3) Personal は安全な認証方法を提供し、ワイヤレスクライアントは事前共有キー (PSK) を使用してアクセスポイントに接続し、RHEL 上のサービスを使用できます。ホストとネットワーク内。

アクセスポイントを設定すると、NetworkManager は自動的に以下を行います。

  • クライアントに DHCP および DNS サービスを提供するように dnsmasq サービスを設定します
  • IP 転送を有効にします
  • nftables ファイアウォールルールを追加して、wifi デバイスからのトラフィックをマスカレードし、IP 転送を設定します

前提条件

  • Wi-Fi デバイスが、アクセスポイントモードでの実行をサポートしている
  • Wi-Fi デバイスは使用していない
  • ホストがインターネットにアクセスできる

手順

  1. Wi-Fi デバイスを一覧表示して、アクセスポイントを提供するデバイスを特定します。

    # nmcli device status | grep wifi
    wlp0s20f3    wifi   disconnected    --
  2. デバイスがアクセスポイントモードをサポートしていることを確認します。

    # nmcli -f WIFI-PROPERTIES.AP device show wlp0s20f3
    WIFI-PROPERTIES.AP:     yes

    Wi-Fi デバイスをアクセスポイントとして使用するには、デバイスがこの機能をサポートしている必要があります。

  3. dnsmasq および NetworkManager-wifi パッケージをインストールします。

    # yum install dnsmasq NetworkManager-wifi

    NetworkManager は dnsmasq サービスを使用して、アクセスポイントのクライアントに DHCP および DNS サービスを提供します。

  4. アクセスポイントの初期設定を作成します。

    # nmcli device wifi hotspot ifname wlp0s20f3 con-name Example-Hotspot ssid Example-Hotspot password "password"

    このコマンドは、WPA2 および WPA3 Personal 認証を提供する wlp0s20f3 デバイス上のアクセスポイントの接続プロファイルを作成します。ワイヤレスネットワークの名前である Service Set Identifier (SSID) は Example-Hotspot で、事前共有キーの password を使用します。

  5. オプション: WPA3 のみをサポートするようにアクセスポイントを設定します。

    # nmcli connection modify Example-Hotspot 802-11-wireless-security.key-mgmt sae
  6. デフォルトでは、NetworkManager は wifi デバイスに IP アドレス 10.42.0.1 を使用し、残りの 10.42.0.0/24 サブネットからの IP アドレスをクライアントに割り当てます。別のサブネットと IP アドレスを設定するには、次のように入力します。

    # nmcli connection modify Example-Hotspot ipv4.addresses 192.0.2.254/24

    設定した IP アドレス (この場合は 192.0.2.254) は、NetworkManager が wifi デバイスに割り当てるものです。クライアントは、この IP アドレスをデフォルトゲートウェイおよび DNS サーバーとして使用します。

  7. 接続プロファイルをアクティベートします。

    # nmcli connection up Example-Hotspot

検証

  1. サーバーの場合:

    1. NetworkManager が dnsmasq サービスを開始し、そのサービスがポート 67 (DHCP) および 53 (DNS) でリッスンしていることを確認します。

      # ss -tulpn | egrep ":53|:67"
      udp   UNCONN 0  0   10.42.0.1:53    0.0.0.0:*    users:(("dnsmasq",pid=55905,fd=6))
      udp   UNCONN 0  0     0.0.0.0:67    0.0.0.0:*    users:(("dnsmasq",pid=55905,fd=4))
      tcp   LISTEN 0  32  10.42.0.1:53    0.0.0.0:*    users:(("dnsmasq",pid=55905,fd=7))
    2. nftables ルールセットを表示して、NetworkManager が 10.42.0.0/24 サブネットからのトラフィックの転送とマスカレードを有効にしていることを確認します。

      # nft list ruleset
      table ip nm-shared-wlp0s20f3 {
          chain nat_postrouting {
              type nat hook postrouting priority srcnat; policy accept;
              ip saddr 10.42.0.0/24 ip daddr != 10.42.0.0/24 masquerade
          }
      
          chain filter_forward {
              type filter hook forward priority filter; policy accept;
              ip daddr 10.42.0.0/24 oifname "wlp0s20f3" ct state { established, related } accept
              ip saddr 10.42.0.0/24 iifname "wlp0s20f3" accept
              iifname "wlp0s20f3" oifname "wlp0s20f3" accept
              iifname "wlp0s20f3" reject
              oifname "wlp0s20f3" reject
          }
      }
  2. Wi-Fi アダプターを備えたクライアントの場合:

    1. 利用可能なネットワークのリストを表示します。

      # nmcli device wifi
      IN-USE  BSSID              SSID             MODE   CHAN  RATE      SIGNAL  BARS  SECURITY
              00:53:00:88:29:04  Example-Hotspot  Infra  11    130 Mbit/s  62      ▂▄▆_  WPA3
      ...
    2. Example-Hotspot ワイヤレスネットワークに接続します。Managing Wi-Fi connections を参照してください。
    3. リモートネットワークまたはインターネット上のホストに ping を実行し、接続が機能していることを確認します。

      # ping -c 3 www.redhat.com

関連情報

  • nm-settings(5) man ページ