Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.9. 特定のプロファイルでのデフォルトゲートウェイの指定を防ぐための NetworkManager の設定

NetworkManager が特定のプロファイルを使用してデフォルトゲートウェイを指定しないようにすることができます。デフォルトゲートウェイに接続されていない接続プロファイルには、以下の手順に従います。

前提条件

  • デフォルトゲートウェイに接続されていない接続の NetworkManager 接続プロファイルが存在する。

手順

  1. 接続で動的 IP 設定を使用する場合は、NetworkManager が、IPv4 および IPv6 接続のデフォルトルートとして接続を使用しないように設定します。

    # nmcli connection modify connection_name ipv4.never-default yes ipv6.never-default yes

    ipv4.never-default および ipv6.never-defaultyes に設定すると、対応するプロトコルのデフォルトのゲートウェイ IP アドレスが、接続プロファイルから削除されることに注意してください。

  2. 接続をアクティベートします。

    # nmcli connection up connection_name

検証手順

  • ip -4 route コマンドおよび ip -6 route コマンドを使用して、RHEL が、IPv4 プロトコルおよび IPv6 プロトコルのデフォルトルートにネットワークインターフェースを使用しないことを確認します。