Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.17. インターフェイス名による単一の接続プロファイルを使用した複数のイーサネットインターフェイスの設定

ほとんどの場合、1 つの接続プロファイルには 1 つのネットワークデバイスの設定が含まれています。ただし、接続プロファイルでインターフェイス名を設定する場合、NetworkManager はワイルドカードもサポートします。ホストが動的 IP アドレス割り当てを使用してイーサネットネットワーク間をローミングする場合、この機能を使用して、複数のイーサネットインターフェイスに使用できる単一の接続プロファイルを作成できます。

前提条件

  • サーバーの設定には、物理または仮想のイーサネットデバイスが複数存在します。
  • DHCP サーバーをネットワークで使用できる。
  • ホストに接続プロファイルが存在しません。

手順

  1. enp で始まるすべてのインターフェイス名に適用される接続プロファイルを追加します。

    # nmcli connection add con-name Example connection.multi-connect multiple match.interface-name enp* type ethernet

検証手順

  1. 単一接続プロファイルのすべての設定を表示します。

    # nmcli connection show Example
    connection.id:                      Example
    ...
    connection.multi-connect:           3 (multiple)
    match.interface-name:               enp*
    ...

    3 は、接続プロファイルで同時にアクティブなインターフェイスの数を示し、接続プロファイルのネットワークインターフェイスの数ではありません。接続プロファイルは、match.interface-name パラメーターのパターンに一致するすべてのデバイスを使用するため、接続プロファイルには同じ Universally Unique Identifier (UUID) があります。

  2. 接続のステータスを表示します。

    # nmcli connection show
    NAME                    UUID                    TYPE     DEVICE
    ...
    Example  6f22402e-c0cc-49cf-b702-eaf0cd5ea7d1  ethernet  enp7s0
    Example  6f22402e-c0cc-49cf-b702-eaf0cd5ea7d1  ethernet  enp8s0
    Example  6f22402e-c0cc-49cf-b702-eaf0cd5ea7d1  ethernet  enp9s0

関連情報

  • man ページの nmcli(1)
  • man ページの nm-settings(5)