Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.6. 有線ネットワークでのオーセンティケーターとしての hostapd の設定

ホストアクセスポイントデーモン (hostapd) サービスは、有線ネットワークでオーセンティケーターとして機能し、802.1X 認証を提供できます。このため、hostapd サービスには、クライアントを認証する RADIUS サーバーが必要です。

hostapd サービスは、統合された RADIUS サーバーを提供します。ただし、統合 RADIUS サーバーはテスト目的でのみ使用してください。実稼働環境では、さまざまな認証方法やアクセス制御などの追加機能をサポートする FreeRADIUS サーバーを使用します。

重要

hostapd サービスはトラフィックプレーンと相互作用しません。このサービスは、オーセンティケーターとしてのみ機能します。たとえば、hostapd 制御インターフェイスを使用するスクリプトまたはサービスを使用して、認証イベントの結果に基づいてトラフィックを許可または拒否します。

前提条件

  • hostapd パッケージをインストールしました。
  • FreeRADIUS サーバーが設定され、クライアントを認証する準備が整いました。

手順

  1. 次のコンテンツで /etc/hostapd/hostapd.conf ファイルを作成します。

    # General settings of hostapd
    # ===========================
    
    # Control interface settings
    ctrl_interface=/var/run/hostapd
    ctrl_interface_group=wheel
    
    # Enable logging for all modules
    logger_syslog=-1
    logger_stdout=-1
    
    # Log level
    logger_syslog_level=2
    logger_stdout_level=2
    
    
    # Wired 802.1X authentication
    # ===========================
    
    # Driver interface type
    driver=wired
    
    # Enable IEEE 802.1X authorization
    ieee8021x=1
    
    # Use port access entry (PAE) group address
    # (01:80:c2:00:00:03) when sending EAPOL frames
    use_pae_group_addr=1
    
    
    # Network interface for authentication requests
    interface=br0
    
    
    # RADIUS client configuration
    # ===========================
    
    # Local IP address used as NAS-IP-Address
    own_ip_addr=192.0.2.2
    
    # Unique NAS-Identifier within scope of RADIUS server
    nas_identifier=hostapd.example.org
    
    # RADIUS authentication server
    auth_server_addr=192.0.2.1
    auth_server_port=1812
    auth_server_shared_secret=client_password
    
    # RADIUS accounting server
    acct_server_addr=192.0.2.1
    acct_server_port=1813
    acct_server_shared_secret=client_password

    この設定で使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/doc/hostapd/hostapd.conf サンプル設定ファイルの説明を参照してください。

  2. hostapd サービスを有効にして開始します。

    # systemctl enable --now hostapd

トラブルシューティング

  1. hostapd サービスを停止します。

    # systemctl stop hostapd
  2. デバッグモードでサービスを開始します。

    # hostapd -d /etc/hostapd/hostapd.conf
  3. Verification セクションで参照されているように、FreeRADIUS ホストで認証テストを実行します。

関連情報

  • hostapd.conf(5) man page
  • /usr/share/doc/hostapd/hostapd.conf file