Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.3. IPsec 接続を加速化するためにボンディングでの ESP ハードウェアオフロードの設定

Encapsulating Security Payload (ESP) をハードウェアにオフロードすると、IPsec 接続が加速します。フェイルオーバーの理由でネットワークボンディングを使用する場合、ESP ハードウェアオフロードを設定する要件と手順は、通常のイーサーネットデバイスを使用する要件と手順とは異なります。たとえば、このシナリオでは、ボンディングでオフロードサポートを有効にし、カーネルはボンディングのポートに設定を適用します。

前提条件

  • ボンディングのすべてのネットワークカードは、ESP ハードウェアオフロードをサポートしています。
  • ネットワークドライバーは、ボンドデバイスで ESP ハードウェアオフロードに対応しています。RHEL では、ixgbe ドライバーのみがこの機能をサポートしています。
  • ボンディングが設定されており、動作します。
  • ボンディングは active-backup モードを使用します。ボンディングドライバーは、この機能の他のモードをサポートしません。
  • IPsec 接続が設定され、動作します。

手順

  1. ネットワークボンディングで ESP ハードウェアオフロードのサポートを有効にします。

    # nmcli connection modify bond0 ethtool.feature-esp-hw-offload on

    このコマンドにより、bond0 接続での ESP ハードウェアオフロードのサポートが有効になります。

  2. bond0 接続を再度アクティブにします。

    # nmcli connection up bond0
  3. ESP ハードウェアオフロードを使用する接続の /etc/ipsec.d/ ディレクトリーの Libreswan 設定ファイルを編集し、nic-offload=yes ステートメントを接続エントリーに追加します。

    conn example
        ...
        nic-offload=yes
  4. ipsec サービスを再起動します。

    # systemctl restart ipsec

検証

  1. ボンディングのアクティブなポートを表示します。

    # grep "Currently Active Slave" /proc/net/bonding/bond0
    Currently Active Slave: enp1s0
  2. アクティブなポートの tx_ipsec カウンターおよび rx_ipsec カウンターを表示します。

    # ethtool enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 10
         rx_ipsec: 10
  3. IPsec トンネルを介してトラフィックを送信します。たとえば、リモート IP アドレスに ping します。

    # ping -c 5 remote_ip_address
  4. アクティブなポートの tx_ipsec カウンターおよび rx_ipsec カウンターを再度表示します。

    # ethtool enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 15
         rx_ipsec: 15

    カウンターの値が増えると、ESP ハードウェアオフロードが動作します。

関連情報