Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

8.6. RHEL Web コンソールを使用したネットワークチームの設定

Web ブラウザーベースのインターフェイスを使用してネットワーク設定を管理する場合は、RHEL Web コンソールを使用してネットワークチームを設定します。

重要

Red Hat Enterprise Linux 9 では、ネットワークチーミングが非推奨になりました。サーバーを将来バージョンの RHEL にアップグレードする予定がある場合は、代替手段としてカーネルボンディングドライバーの使用を検討してください。詳細は、Configuring network bonding を参照してください。

前提条件

手順

  1. 画面左側のナビゲーションで Networking タブを選択します。
  2. Interfaces セクションで Add team をクリックします。
  3. 作成するチームデバイスの名前を入力します。
  4. チームのポートにするインターフェイスを選択します。
  5. チームのランナーを選択します。

    Load balancing または 802.3ad LACP を選択すると、Web コンソールに追加のフィールド Balancer が表示されます。

  6. リンクウォッチャーを設定します。

    • Ethtool を選択した場合は、さらに、リンクアップおよびリンクダウンの遅延を設定します。
    • ARP ping または NSNA ping を選択し、さらに ping の間隔と ping ターゲットを設定します。
    チーム設定
  7. Apply をクリックします。
  8. デフォルトでは、チームは動的 IP アドレスを使用します。静的 IP アドレスを設定する場合:

    1. Interfaces セクションでチームの名前をクリックします。
    2. 設定するプロトコルの横にある Edit をクリックします。
    3. Addresses の横にある Manual を選択し、IP アドレス、接頭辞、およびデフォルトゲートウェイを入力します。
    4. DNS セクションで + ボタンをクリックし、DNS サーバーの IP アドレスを入力します。複数の DNS サーバーを設定するには、この手順を繰り返します。
    5. DNS search domains セクションで、+ ボタンをクリックし、検索ドメインを入力します。
    6. インターフェイスにスタティックルートが必要な場合は、Routes セクションで設定します。

      bond team bridge vlan.ipv4
    7. Apply をクリックします。

検証

  1. 画面左側のナビゲーションで Networking タブを選択し、インターフェイスに着信および発信トラフィックがあるかどうかを確認します。

    team verify
  2. チームのステータスを表示します。

    # teamdctl team0 state
    setup:
      runner: activebackup
    ports:
      enp7s0
        link watches:
          link summary: up
          instance[link_watch_0]:
            name: ethtool
            link: up
            down count: 0
      enp8s0
        link watches:
          link summary: up
          instance[link_watch_0]:
            name: ethtool
            link: up
            down count: 0
    runner:
      active port: enp7s0

    この例では、両方のポートが起動しています。