Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.6. RHEL Web コンソールを使用したネットワーク結合の設定

Web ブラウザーベースのインターフェイスを使用してネットワーク設定を管理する場合は、RHEL Web コンソールを使用してネットワークボンディングを設定します。

前提条件

手順

  1. 画面左側のナビゲーションで Networking タブを選択します。
  2. Interfaces セクションで Add bond をクリックします。
  3. 作成するボンドデバイスの名前を入力します。
  4. 結合のメンバーにするインターフェイスを選択します。
  5. 結合のモードを選択します。

    Active backup を選択すると、Web コンソールに追加フィールド Primary が表示され、優先するアクティブデバイスを選択できます。

  6. リンクモニターリング監視モードを設定します。たとえば、Adaptive load balancing モードを使用する場合は、ARP に設定します。
  7. オプション: モニター間隔、リンクアップ遅延、およびリンクダウン遅延の設定を調整します。通常、トラブルシューティングの目的でのみデフォルトを変更します。

    ボンド設定
  8. Apply をクリックします。
  9. デフォルトでは、ボンドは動的 IP アドレスを使用します。静的 IP アドレスを設定する場合:

    1. Interfaces セクションでボンドの名前をクリックします。
    2. 設定するプロトコルの横にある Edit をクリックします。
    3. Addresses の横にある Manual を選択し、IP アドレス、接頭辞、およびデフォルトゲートウェイを入力します。
    4. DNS セクションで + ボタンをクリックし、DNS サーバーの IP アドレスを入力します。複数の DNS サーバーを設定するには、この手順を繰り返します。
    5. DNS search domains セクションで、+ ボタンをクリックし、検索ドメインを入力します。
    6. インターフェイスにスタティックルートが必要な場合は、Routes セクションで設定します。

      bond team bridge vlan.ipv4
    7. Apply をクリックします。

検証

  1. 画面左側のナビゲーションで Networking タブを選択し、インターフェイスに着信および発信トラフィックがあるかどうかを確認します。

    ボンド検証
  2. ホストからネットワークケーブルを一時的に削除します。

    ソフトウェアユーティリティーを使用して、リンク障害イベントを適切にテストする方法がないことに注意してください。Web コンソールなどの接続を非アクティブ化するツールは、実際のリンク障害イベントではなく、メンバー設定の変更を処理するボンディングドライバーの機能のみを示します。

  3. ボンドのステータスを表示します。

    # cat /proc/net/bonding/bond0