Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.6. RHEL システムロールを使用したネットワークブリッジの設定

network RHEL システムロールを使用して、Linux ブリッジを設定できます。たとえば、2 つのイーサネットデバイスを使用するネットワークブリッジを設定し、IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレス、デフォルトゲートウェイ、および DNS 設定を設定します。

注記

Linux ブリッジのポートではなく、ブリッジに IP 設定を指定します。

Ansible コントロールノードで以下の手順を実行します。

前提条件

  • 制御ノードと管理ノードを準備している
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとして制御ノードにログインします。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントには、そのノードに対する sudo 権限があります。
  • この Playbook を実行するホストまたはホストグループは、Ansible インベントリーファイルにリストされています。
  • サーバーに、2 つ以上の物理ネットワークデバイスまたは仮想ネットワークデバイスがインストールされている。

手順

  1. ~/bridge-ethernet.yml などの Playbook ファイルを次の内容で作成します。

    ---
    - name: Configure the network
      hosts: managed-node-01.example.com
      tasks:
      - name: Configure a network bridge that uses two Ethernet ports
        include_role:
          name: rhel-system-roles.network
    
        vars:
          network_connections:
            # Define the bridge profile
            - name: bridge0
              type: bridge
              interface_name: bridge0
              ip:
                address:
                  - "192.0.2.1/24"
                  - "2001:db8:1::1/64"
                gateway4: 192.0.2.254
                gateway6: 2001:db8:1::fffe
                dns:
                  - 192.0.2.200
                  - 2001:db8:1::ffbb
                dns_search:
                  - example.com
              state: up
    
            # Add an Ethernet profile to the bridge
            - name: bridge0-port1
              interface_name: enp7s0
              type: ethernet
              controller: bridge0
              port_type: bridge
              state: up
    
            # Add a second Ethernet profile to the bridge
            - name: bridge0-port2
              interface_name: enp8s0
              type: ethernet
              controller: bridge0
              port_type: bridge
              state: up
  2. Playbook を実行します。

    # ansible-playbook ~/bridge-ethernet.yml

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.network/README.md ファイル