Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

49.9.3. 既存のルールに一致するパケットの監視

nftables のトレース機能と、nft monitor コマンドを組み合わせることにより、管理者はルールに一致するパケットを表示できます。この手順では、ルールのトレースと、このルールに一致するパケットの監視を有効にする方法を説明します。

前提条件

  • カウンターを追加するルールがある。

手順

  1. チェーンのルール (ハンドルを含む) を表示します。

    # nft --handle list chain inet example_table example_chain
    table inet example_table {
      chain example_chain { # handle 1
        type filter hook input priority filter; policy accept;
        tcp dport ssh accept # handle 4
      }
    }
  2. ルールの代わりに meta nftrace set 1 パラメーターを使用して、トレース機能を追加します。以下の例は、前の手順で表示したルールの代わりに、トレースを有効にします。

    # nft replace rule inet example_table example_chain handle 4 tcp dport 22 meta nftrace set 1 accept
  3. nft monitor コマンドを使用して、トレースを表示します。以下の例は、コマンドの出力をフィルタリングして、inet example_table example_chain が含まれるエントリーのみを表示します。

    # nft monitor | grep "inet example_table example_chain"
    trace id 3c5eb15e inet example_table example_chain packet: iif "enp1s0" ether saddr 52:54:00:17:ff:e4 ether daddr 52:54:00:72:2f:6e ip saddr 192.0.2.1 ip daddr 192.0.2.2 ip dscp cs0 ip ecn not-ect ip ttl 64 ip id 49710 ip protocol tcp ip length 60 tcp sport 56728 tcp dport ssh tcp flags == syn tcp window 64240
    trace id 3c5eb15e inet example_table example_chain rule tcp dport ssh nftrace set 1 accept (verdict accept)
    ...
    警告

    nft monitor コマンドは、トレースが有効になっているルールの数と、一致するトラフィックの量に応じて、大量の出力を表示できます。grep などのユーティリティーを使用して出力をフィルタリングします。