Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

13.2. IPVLAN および MACVLAN の比較

以下の表は、MACVLAN と IPVLAN の主な相違点を示しています。

MACVLANIPVLAN

各 MACVLAN デバイスに対して、MAC アドレスを使用します。

スイッチが MAC テーブルに保存できる MAC アドレスの最大数に達すると、接続が失われる可能性があることに注意してください。

IPVLAN デバイスの数を制限しない MAC アドレスを 1 つ使用します。

グローバル名前空間の netfilter ルールは、子名前空間の MACVLAN デバイスとの間のトラフィックに影響を与えることはできません。

L3 モード および L3S モード の IPVLAN デバイスとの間のトラフィックを制御できます。

IPVLAN と MACVLAN はどちらも、いかなるレベルのカプセル化も必要としません。