第3章 NetworkManager の使用

デフォルトでは、RHEL 8 は NetworkManager を使用してネットワーク設定と接続を管理します。

3.1. NetworkManager を使用する利点

NetworkManager を使用する主な利点は、次の通りです。

  • ネットワーク設定と状態にクエリーと制御を可能にする、D-Bus を介した API を提供します。この方法では、複数のアプリケーションでネットワークを確認して設定し、ネットワークステータスを同期して最新にすることができます。たとえば、Web ブラウザー経由でサーバーを監視して設定する RHEL Web コンソールは、NetworkManager の D-BUS インターフェースを使用して、ネットワークの設定および Gnome GUI ツール、nmcli ツール、および nm-connection-editor ツールを使用します。このツールのいずれかに対する変更はすべて、残りのツールにより検出されます。
  • ネットワーク管理が容易になります。NetworkManager は、ネットワークの接続性の接続性を確保します。NetworkManager は、システムにネットワーク設定がなく、ネットワークデバイスがあることを検出すると、一時的な接続を作成して接続を提供します。
  • ユーザーの接続設定が簡単になります。NetworkManager は、GUI、nmtui、nmcli など、さまざまなツールでの管理を提供します。
  • 柔軟な設定に対応します。たとえば、WiFi インターフェースを設定すると、NetworkManager は使用可能な WiFi ネットワークをスキャンして表示します。インターフェースを選択すると、NetworkManager が、再起動プロセス後の自動接続を提供するのに必要な資格情報を表示します。NetworkManager では、ネットワークエイリアス、IP アドレス、静的ルート、DNS 情報、VPN 接続のほかに、接続固有のパラメーターを多数設定できます。設定オプションは、必要に応じて修正できます。
  • 再起動プロセス後もデバイスの状態を維持し、再起動中に管理モードに設定されているインターフェースを引き継ぎます。
  • 明示的に管理対象外として設定されていませんが、ユーザーまたは他のネットワークサービスによって手動で制御されているデバイスを処理します。

関連情報

3.2. NetworkManager 接続の管理に使用できるユーティリティーおよびアプリケーションの概要

以下のユーティリティーおよびアプリケーションを使用して、NetworkManager 接続を管理できます。

  • nmcli - 接続を管理するコマンドラインユーティリティー。
  • nmtui - パスワードベースのテキストユーザーインターフェース (TUI)。このアプリケーションを使用するには、NetworkManager-tui パッケージをインストールします。
  • nm-connection-editor - NetworkManager 関連のタスクのグラフィカルユーザーインターフェース (GUI)。このアプリケーションを起動するには、GNOME セッションの端末に nm-connection-editor と入力します。
  • control-center - デスクトップユーザー用に GNOME シェルによって提供される GUI。このアプリケーションは nm-connection-editor よりも対応している機能が少ないことに注意してください。
  • GNOME Shell の network connection icon - このアイコンは、ネットワーク接続の状態を表し、使用している接続の種類を視覚的に表示します。

3.3. NetworkManager の dispatcher スクリプトの使用

デフォルトで /etc/NetworkManager/dispatcher.d/ ディレクトリーが存在し、NetworkManager はそこでアルファベット順にスクリプトを実行します。各スクリプトは、root所有する 実行ファイルであることと、書き込み権限 がファイル所有者にのみ付与されているようにする必要があります。

注記

NetworkManager は、/etc/NetworkManager/dispatcher.d/ にある dispatcher スクリプトをアルファベット順に実行します。

関連情報

3.4. 手動で作成した ifcfg ファイルを NetworkManager に読み込む

Red Hat Enterprise Linux 8 では、ifcfg ファイルを編集しても、NetworkManager が自動的に変更を認識しないため、変更を通知する必要があります。NetworkManager のプロファイル設定を更新するツールを使用していると、NetworkManager は、そのプロファイルを使用して再接続するまで変更を実装しません。たとえば、エディターを使用して設定ファイルを変更すると、NetworkManager がその設定ファイルを再度読み込む必要があります。

/etc/sysconfig/ ディレクトリーは、設定ファイルとスクリプト用の場所です。ほとんどのネットワーク設定情報がここに保存されます。例外は VPN、モバイルブロードバンド、および PPPoE の設定で、これは /etc/NetworkManager/ サブディレクトリーに保存されます。たとえば、インターフェース固有の情報は、/etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリーの ifcfg ファイルに保存されます。

VPN、モバイルブロードバンド、および PPPoE 接続の情報は、/etc/NetworkManager/system-connections/ に保存されます。

注記

デフォルトでは、RHEL は NetworkManager を使用してネットワーク接続を設定および管理し、/usr/sbin/ifup スクリプトおよび /usr/sbin/ifdown スクリプトは NetworkManager を使用して /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリー内の ifcfg ファイルを処理します。

ネットワーク設定を管理するためにレガシーネットワークスクリプトが必要な場合は、手動でインストールできます。詳細は、「RHEL における従来のネットワークスクリプトのサポート」 を参照してください。ただし、従来のネットワークスクリプトは非推奨となり、RHEL の今後のバージョンで削除されます。

手順

  1. 新しい設定ファイルを読み込むには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection load /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-connection_name
  2. NetworkManager にすでに読み込まれている接続ファイルを更新した場合は、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection up connection_name

関連情報

  • man ページの NetworkManager(8) - ネットワーク管理デーモンが説明されています。
  • man ページの NetworkManager.conf(5) - NetworkManager 設定ファイルが説明されています。
  • /usr/share/doc/initscripts/sysconfig.txt - 従来のネットワークサービスで使用される ifcfg 設定ファイルとそのディレクティブが説明されています。
  • man ページの ifcfg(8) - ifcfg コマンドについて簡単に説明しています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。