Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

48.3.3. GUI を使用して事前定義サービスでトラフィックを制御

この手順では、グラフィカルユーザーインターフェースを使用して、事前定義サービスでネットワークトラフィックを制御する方法を説明します。

手順

  1. 事前定義したサービスまたはカスタマイズしたサービスを有効または無効にするには、以下を行います。

    1. firewall-config ツールを起動して、サービスを設定するネットワークゾーンを選択します。
    2. Services タブを選択します。
    3. 信頼するサービスタイプのチェックボックスを選択してください。ブロックするサービスタイプのチェックボックスの選択は解除してください。
  2. サービスを編集するには、以下を行います。

    1. firewall-config ツールを起動します。
    2. Configuration メニューから Permanent を選択します。Services ウィンドウの下部に、その他のアイコンおよびメニューボタンが表示されます。
    3. 設定するサービスを選択します。

PortsProtocolsSource Port のタブでは、選択したサービスのポート、プロトコル、およびソースポートの追加、変更、ならびに削除が可能です。モジュールタブは、Netfilter ヘルパーモジュールの設定を行います。Destination タブは、特定の送信先アドレスとインターネットプロトコル (IPv4 または IPv6) へのトラフィックが制限できます。

注記

ランタイム モードでは、サービス設定を変更できません。