Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第1章 一貫性のあるネットワークインターフェースデバイスの命名

Red Hat Enterprise Linux は、ネットワークインターフェース用に一貫した予測可能なデバイスの命名方法を提供します。このような機能により、ネットワークインターフェースの検出と区別が容易になります。

カーネルは、固定接頭辞と、カーネルがネットワークデバイスを初期化する際に増加する数を連結させて、ネットワークインターフェースに名前を割り当てます。たとえば、eth0 は、システムの起動時にプローブされる最初のデバイスを表します。ただし、この名前がシャーシのラベルに対応しているとは限りません。複数のネットワークアダプターを使用する最新のサーバープラットフォームでは、このインターフェースの非決定論的および反直感的な命名が行われています。これは、システムボードに組み込まれたネットワークアダプターと、アドインアダプターの両方に影響します。

Red Hat Enterprise Linux では、udev デバイスマネージャーは、さまざまな命名スキームに対応します。デフォルトでは、udev は、ファームウェア、トポロジー、場所の情報に基づいて固定名を割り当てます。これには、次の利点があります。

  • デバイス名は完全に予測可能です。
  • ハードウェアを追加または削除しても、再列挙は行われないため、デバイス名は固定されたままになります。
  • 不具合のあるハードウェアをシームレスに交換できます。

1.1. ネットワークインターフェースのデバイス命名階層

Red Hat Enterprise Linux のデフォルトである一貫性のあるデバイスの命名が有効になっている場合、udev デバイスマネージャーは、以下のスキームに基づいてデバイス名を生成します。

Scheme説明

1

デバイス名には、ファームウェアまたは BIOS が提供するオンボードデバイスのインデックス番号が含まれます。この情報が利用できない、または該当しない場合は、udev によりスキーム 2 が使用されます。

eno1

2

デバイス名には、ファームウェアまたは BIOS が提供する PCI Express (PCIe) ホットプラグインスロットのインデックス番号が含まれます。この情報が利用できない、または該当しない場合は、udev によりスキーム 3 が使用されます。

ens1

3

デバイス名には、ハードウェアのコネクターの物理的な場所が含まれます。この情報が利用できない、または該当しない場合は、udev によりスキーム 5 が使用されます。

enp2s0

4

デバイス名には MAC アドレスが含まれます。Red Hat Enterprise Linux では、デフォルトではこのスキームが使用されません。管理者は、必要に応じて使用できます。

enx525400d5e0fb

5

従来の、予測できないカーネル命名スキーム。udev がその他のスキームを適用できない場合は、デバイスマネージャーによりこのスキームが使用されます。

eth0

Red Hat Enterprise Linux では、デフォルトでは、/usr/lib/systemd/network/99-default.link ファイルの NamePolicy 設定に基づいてデバイス名が選択されます。NamePolicy の値の順序は重要です。Red Hat Enterprise Linux では、そのファイルで指定され、udev が生成した最初のデバイス名が使用されます。

udev ルールを手動で設定し、カーネルデバイス名を変更すると、このルールが優先されます。