Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.2. nm-connection-editor による VLAN タグの設定

本セクションでは、nm-connection-editor アプリケーションを使用して、仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) のタグ付けを設定する方法を説明します。

前提条件

  • 仮想 VLAN インターフェースに対する親として使用するインターフェースが VLAN タグに対応している。
  • ボンドインターフェースに VLAN を設定する場合は、以下のようになります。

    • ボンディングのポートが起動している。
    • ボンドが、fail_over_mac=follow オプションで設定されていない。VLAN 仮想デバイスは、親の新規 MAC アドレスに一致する MAC アドレスを変更できません。このような場合、トラフィックは間違ったソースの MAC アドレスで送信されます。
  • ホストが接続するスイッチは、VLAN タグに対応するように設定されています。詳細は、スイッチのドキュメントを参照してください。

手順

  1. 端末を開き、nm-connection-editor と入力します。

    $ nm-connection-editor
  2. + ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。
  3. VLAN 接続タイプを選択し、作成 をクリックします。
  4. VLAN タブで、以下を行います。

    1. 親インターフェースを選択します。
    2. VLAN id を選択します。VLAN は、0 から 4094 の範囲内に存在する必要があります。
    3. デフォルトでは、VLAN 接続は、親インターフェースから最大伝送単位 (MTU) を継承します。必要に応じて、別の MTU 値を設定します。
    4. 必要に応じて、VLAN インターフェースの名前および VLAN 固有のオプションを設定します。

      vlan settings nm connection editor

  5. VLAN デバイスの IP 設定を構成します。この VLAN デバイスを他のデバイスのポートとして使用する場合は、この手順を省略します。

    1. IPv4 Settings タブで、IPv4 設定を構成します。たとえば、静的な IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを設定します。 vlan IPv4 settings nm connection editor
    2. IPv6 設定 タブで、IPv6 設定を構成します。たとえば、静的な IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを設定します。 vlan IPv6 settings nm connection editor
  6. 保存 をクリックして VLAN 接続を保存します。
  7. nm-connection-editor を閉じます。

検証手順

  1. 設定を確認します。

    # ip -d addr show vlan10
    4: vlan10@enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
        link/ether 52:54:00:d5:e0:fb brd ff:ff:ff:ff:ff:ff promiscuity 0
        vlan protocol 802.1Q id 10 <REORDER_HDR> numtxqueues 1 numrxqueues 1 gso_max_size 65536 gso_max_segs 65535
        inet 192.0.2.1/24 brd 192.0.2.255 scope global noprefixroute vlan10
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 2001:db8:1::1/32 scope global noprefixroute
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 fe80::8dd7:9030:6f8e:89e6/64 scope link noprefixroute
           valid_lft forever preferred_lft forever

関連情報