Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.6. udev ルールを使用したユーザー定義のネットワークインターフェイス名の設定

udev ルールを使用して、組織の要件を反映したカスタムネットワークインターフェイス名を実装できます。

手順

  1. 名前を変更するネットワークインターフェイスを特定します。

    # ip link show
    ...
    enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 00:00:5e:00:53:1a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...

    インターフェイスの MAC アドレスを記録します。

  2. インターフェイスのデバイスタイプ ID を表示します。

    # cat /sys/class/net/enp1s0/type
    1
  3. /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ファイルを作成し、名前を変更する各インターフェイスのルールを追加します。

    SUBSYSTEM=="net",ACTION=="add",ATTR{address}=="<MAC_address>",ATTR{type}=="<device_type_id>",NAME="<new_interface_name>"
    重要

    ブートプロセス中に一貫したデバイス名が必要な場合は、ファイル名として 70-persistent-net.rules のみを使用してください。RAM ディスクイメージを再生成すると、dracut ユーティリティーはこの名前のファイルを initrd イメージに追加します。

    たとえば、次のルールを使用して、MAC アドレス 00:00:5e:00:53:1a のインターフェイスの名前を provider0 に変更します。

    SUBSYSTEM=="net",ACTION=="add",ATTR{address}=="00:00:5e:00:53:1a",ATTR{type}=="1",NAME="provider0"
  4. オプション: initrd RAM ディスクイメージを再生成します。

    # dracut -f

    この手順は、RAM ディスクにネットワーク機能が必要な場合にのみ必要です。たとえば、ルートファイルシステムが iSCSI などのネットワークデバイスに保存されている場合がこれに当てはまります。

  5. 名前を変更するインターフェイスを使用する NetworkManager 接続プロファイルを特定します。

    # nmcli -f device,name connection show
    DEVICE  NAME
    enp1s0  example_profile
    ...
  6. 接続プロファイルの connection.interface-name プロパティーの設定を解除します。

    # nmcli connection modify example_profile connection.interface-name ""
  7. 一時的に、新しいインターフェイス名と以前のインターフェイス名の両方に一致するように接続プロファイルを設定します。

    # nmcli connection modify example_profile match.interface-name "provider0 enp1s0"
  8. システムを再起動します。

    # reboot
  9. リンクファイルで指定した MAC アドレスを持つデバイスの名前が Provider0 に変更されていることを確認します。

    # ip link show
    provider0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 00:00:5e:00:53:1a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...
  10. 新しいインターフェイス名のみと一致するように接続プロファイルを設定します。

    # nmcli connection modify example_profile match.interface-name "provider0"

    これで、接続プロファイルから古いインターフェイス名が削除されました。

  11. 接続プロファイルを再度アクティベートします。

    # nmcli connection up example_profile

関連情報

  • udev(7) man ページ