Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第24章 静的ルートの設定

ルーティングにより、相互に接続されたネットワーク間でトラフィックを送受信できるようになります。大規模な環境では、管理者は通常、ルーターが他のルーターについて動的に学習できるようにサービスを設定します。小規模な環境では、管理者は多くの場合、静的ルートを設定して、トラフィックが 1 つのネットワークから次のネットワークに確実に到達できるようにします。

次の条件がすべて当てはまる場合、複数のネットワーク間で機能する通信を実現するには、静的ルートが必要です。

  • トラフィックは複数のネットワークを通過する必要があります。
  • デフォルトゲートウェイを通過する排他的なトラフィックフローは十分ではありません。

「静的ルートを必要とするネットワークの例」 では、スタティックルートを設定しない場合のシナリオと、異なるネットワーク間でトラフィックがどのように流れるかについて説明します。

24.1. 静的ルートを必要とするネットワークの例

すべての IP ネットワークが 1 つのルーターを介して直接接続されているわけではないため、この例では静的ルートが必要です。スタティックルートがないと、一部のネットワークは相互に通信できません。さらに、一部のネットワークからのトラフィックは一方向にしか流れません。

注記

この例のネットワークトポロジーは人為的なものであり、静的ルーティングの概念を説明するためにのみ使用されています。これは、実稼働環境で推奨されるトポロジーではありません。

この例のすべてのネットワーク間で通信を機能させるには、Raleigh (198.51.100.0/24) への静的ルートを設定し、次のホップ Router 2 (203.0.113.10) を設定します。ネクストホップの IP アドレスは、データセンターネットワークのルーター 2 のものです (203.0.113.0/24)。

スタティックルートは次のように設定できます。

  • 設定を簡素化するには、この静的ルートをルーター 1 だけに設定します。ただし、データセンター (203.0.113.0/24) からのホストがトラフィックを Raleigh (198.51.100.0/24) に送信するため、常にルーター 1 を経由してルーター 2 に送信されるため、ルーター 1 のトラフィックが増加します。
  • より複雑な設定の場合、データセンター (203.0.113.0/24) 内のすべてのホストでこの静的ルートを設定します。このサブネット内のすべてのホストは、Raleigh (198.51.100.0/24) に近いルーター 2 (203.0.113.10) にトラフィックを直接送信します。

どのネットワーク間でトラフィックが流れるかどうかの詳細については、図の下の説明を参照してください。

ルーティング例

必要な静的経路が設定されていないときに、通信がうまくいく場合とうまくいかない場合を以下に示します。

  • ベルリンネットワークのホスト (192.0.2.0/24):

    • 直接接続されているため、同じサブネット内の他のホストと通信できます。
    • Router 1 はベルリンネットワーク (192.0.2.0/24) 内にあり、インターネットにつながるデフォルトゲートウェイがあるため、インターネットと通信できます。
    • ルーター 1 はベルリン (192.0.2.0/24) とデータセンター (203.0.113.0/24) ネットワークの両方にインターフェイスを持っているため、データセンターネットワーク (203.0.113.0/24) と通信できます。
    • ローリーネットワーク (198.51.100.0/24) と通信できません。これは、ルーター 1 がこのネットワークにインターフェイスを持たないためです。したがって、Router 1 はトラフィックを独自のデフォルトゲートウェイ (インターネット) に送信します。
  • データセンターネットワーク内のホスト (203.0.113.0/24):

    • 直接接続されているため、同じサブネット内の他のホストと通信できます。
    • デフォルトゲートウェイがルーター 1 に設定されているため、インターネットと通信できます。ルーター 1 には、データセンター (203.0.113.0/24) とインターネットの両方のネットワークにインターフェイスがあります。
    • デフォルトゲートウェイがルーター 1 に設定されているため、ベルリンネットワーク (192.0.2.0/24) と通信でき、ルーター 1 にはデータセンター (203.0.113.0/24) とベルリン (192.0.2.0/24) の両方にインターフェイスがあります。) ネットワーク。
    • Raleigh ネットワーク (198.51.100.0/24) と通信できません。これは、データセンターネットワークがこのネットワークにインターフェイスを持たないためです。したがって、データセンター (203.0.113.0/24) 内のホストは、トラフィックをデフォルトゲートウェイ (ルーター 1) に送信します。ルーター 1 も Raleigh ネットワーク (198.51.100.0/24) にインターフェイスを持たないため、ルーター 1 はこのトラフィックを独自のデフォルトゲートウェイ (インターネット) に送信します。
  • Raleigh ネットワーク内のホスト (198.51.100.0/24):

    • 直接接続されているため、同じサブネット内の他のホストと通信できます。
    • インターネット上のホストと通信できません。デフォルトゲートウェイの設定により、ルーター 2 はトラフィックをルーター 1 に送信します。ルーター 1 の実際の動作は、リバースパスフィルター (rp_filter) システム制御 (sysctl) の設定によって異なります。RHEL のデフォルトでは、Router 1 は送信トラフィックをインターネットにルーティングする代わりにドロップします。ただし、設定された動作に関係なく、スタティックルートがないと通信できません。
    • データセンターネットワーク (203.0.113.0/24) と通信できません。デフォルトゲートウェイの設定により、発信トラフィックはルーター 2 を経由して宛先に到達します。ただし、データセンターネットワーク (203.0.113.0/24) 内のホストがデフォルトゲートウェイ (ルーター 1) に応答を送信するため、パケットへの応答は送信者に届きません。次に、Router 1 がトラフィックをインターネットに送信します。
    • ベルリンのネットワーク (192.0.2.0/24) と通信できません。デフォルトゲートウェイの設定により、ルーター 2 はトラフィックをルーター 1 に送信します。ルーター 1 の実際の動作は、rp_filter sysctl 設定によって異なります。RHEL のデフォルトでは、Router 1 は発信トラフィックを Berlin ネットワーク (192.0.2.0/24) に送信する代わりにドロップします。ただし、設定された動作に関係なく、スタティックルートがないと通信できません。
注記

静的ルートの設定に加え、両方のルーターで IP 転送を有効にする必要があります。