Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第12章 ネットワークチーミングの設定

本セクションでは、ネットワークチーミングの基本、ボンディングとチーミングの違い、Red Hat Enterprise Linux でネットワークチームを設定する方法を説明します。

ネットワークチームは、以下のような異なるタイプのデバイスに作成できます。

  • 物理および仮想イーサネットデバイス
  • ネットワークボンディング
  • ネットワークブリッジ
  • VLAN デバイス

12.1. ネットワークチーミングの理解

ネットワークチーミングとは、ネットワークインターフェースを統合または集約し、より高いスループットまたは冗長性のある論理インターフェースを提供する機能です。

ネットワークチーミングでは、カーネルドライバーを使用してパケットフローの高速処理や、他のタスク用のユーザー空間ライブラリーおよびサービスを実装します。これにより、ネットワークチーミングは、負荷分散および冗長性の要件に対して、簡単に拡張可能でスケーラブルなソリューションとなります。

重要

特定のネットワークチーミング機能 (例: フェイルオーバーメカニズム) は、ネットワークスイッチのないダイレクトケーブル接続に対応していません。詳細は、「ボンディングは、クロスオーバーケーブルを使用したダイレクトコレクションをサポートしますか?」を参照してください。