Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第16章 Fibre Channel over Ethernet の設定

IEEE T11 FC-BB-5 標準に基づく Fibre Channel over Ethernet (FCoE) は、イーサネットネットワーク上でファイバーチャネルフレームを送信するためのプロトコルです。通常、データセンターには専用の LAN およびストレージエリアネットワーク (SAN) があり、各個別設定に分けられます。FCoE は、これらのネットワークを単一のネットワーク構成とコンバージドネットワーク構成に統合します。FCoE の利点 (ハードウェアおよび電力の低さなど) の利点は以下のとおりです。

16.1. RHEL でハードウェア FCoE HBA の使用

Red Hat Enterprise Linux では、以下のドライバーがサポートするハードウェアの FCoE Host Bus Adapter (HBA) を使用できます。

  • qedf
  • bnx2fc
  • fnic

このような HBA を使用する場合は、HBA の設定で FCoE を設定します。詳細は、アダプターのドキュメントを参照してください。

HBA を設定したら、ストレージエリアネットワーク (SAN) からエクスポートした論理ユニット番号 (LUN) は、RHEL が /dev/sd* デバイスとして自動的に利用できます。ローカルストレージデバイスと同様に、これらのデバイスを使用できます。