Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.2. NetworkManager を使用した ethtool オフロード機能の設定

本セクションでは、NetworkManager を使用して ethtool オフロード機能を有効または無効にする方法と、NetworkManager 接続プロファイルから機能の設定を削除する方法を説明します。

手順

  1. たとえば、RX オフロード機能を有効にし、enp1s0 接続プロファイルで TX オフロードを無効にするには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli con modify enp1s0 ethtool.feature-rx on ethtool.feature-tx off

    このコマンドは、RX オフロードを明示的に有効にし、TX オフロードを無効にします。

  2. 上で有効または無効にしたオフロード機能の設定を削除するには、この機能のパラメーターを ignore に設定します。たとえば、TX オフロードの設定を削除するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli con modify enp1s0 ethtool.feature-tx ignore
  3. ネットワークプロファイルを再度アクティブにします。

    # nmcli connection up enp1s0

検証手順

  • ethtool -k コマンドを使用して、ネットワークデバイスの現在のオフロード機能を表示します。

    # ethtool -k network_device

関連情報