Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.2. nm-connection-editor による VPN 接続の設定

この手順では、nm-connection-editor を使用して VPN 接続を設定する方法を説明します。

前提条件

  • NetworkManager-libreswan-gnome パッケージがインストールされている。
  • インターネット鍵交換バージョン 2 (IKEv2) 接続を設定する場合は、以下のようになります。

    • 証明書が、IPsec ネットワークセキュリティーサービス (NSS) データベースにインポートされている。
    • NSS データベースの証明書のニックネームが知られている。

手順

  1. 端末を開き、次のコマンドを入力します。

    $ nm-connection-editor
  2. + ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。
  3. IPsec ベースの VPN 接続タイプを選択し、作成 をクリックします。
  4. VPN タブで、以下を行います。

    1. Gateway フィールドに VPN ゲートウェイのホスト名または IP アドレスを入力し、認証タイプを選択します。認証タイプに応じて、異なる追加情報を入力する必要があります。

      • IKEv2 (Certifiate) は、証明書を使用してクライアントを認証します。これは、より安全です。この設定には、IPsec NSS データベースの証明書のニックネームが必要です。
      • IKEv1 (XAUTH) は、ユーザー名とパスワード (事前共有鍵) を使用してユーザーを認証します。この設定は、以下の値を入力する必要があります。

        • ユーザー名
        • Password
        • グループ名
        • シークレット
    2. リモートサーバーが IKE 交換のローカル識別子を指定する場合は、Remote ID フィールドに正確な文字列を入力します。リモートサーバーで Libreswan を実行すると、この値はサーバーの leftid パラメーターに設定されます。

      nm connection editor vpn tab

    3. 必要に応じて、詳細 ボタンをクリックして、追加設定を設定します。以下の設定を構成できます。

      • 識別

        • ドメイン - 必要な場合は、ドメイン名を入力します。
      • Security

        • Phase1 アルゴリズム は、Libreswan パラメーター ike に対応します。暗号化チャンネルの認証および設定に使用するアルゴリズムを入力します。
        • Phase2 アルゴリズム は、Libreswan パラメーター esp に対応します。IPsec ネゴシエーションに使用するアルゴリズムを入力します。

          Disable PFS フィールドで PFS (Perfect Forward Secrecy) を無効にし、PFS に対応していない古いサーバーとの互換性があることを確認します。

        • Phase1 ライフタイム は、Libreswan パラメーター ikelifetime に対応します。このパラメーターは、トラフィックの暗号化に使用される鍵が有効である期間を定義します。
        • Phase2 ライフタイム は、Libreswan パラメーター salifetime に対応します。このパラメーターは、セキュリティー関連が有効である期間を定義します。
      • 接続性

        • リモートネットワーク は、Libreswan パラメーター rightsubnet に対応し、VPN から到達できる宛先のプライベートリモートネットワークです。

          絞り込むことのできる narrowing フィールドを確認します。これは IKEv2 ネゴシエーションの場合にのみ有効であることに注意してください。

        • フラグメンテーションの有効化 は、Libreswan パラメーターの 断片化 に対応します。IKE 断片化を許可するかどうかを指定します。有効な値は、yes (デフォルト) または no です。
        • Mobike の有効化 は、Libreswan パラメーター mobike に対応します。パラメーターは、最初から接続を再起動しなくても、接続がエンドポイントを移行するようにするため、MOBIKE (Mobility and Multihoming Protocol) (RFC 4555) を許可するかどうかを定義します。これは、有線、無線、またはモバイルデータの接続の切り替えを行うモバイルデバイスで使用されます。値は、no (デフォルト) または yes です。
  5. IPv4 設定 タブで、IP 割り当て方法を選択し、必要に応じて、追加の静的アドレス、DNS サーバー、検索ドメイン、ルートを設定します。

    IPsec IPv4 tab

  6. 接続を読み込みます。
  7. nm-connection-editor を閉じます。
注記

+ ボタンをクリックして新しい接続を追加する場合は、NetworkManager により、その接続用の新しい設定が作成され、既存の接続の編集に使用するのと同じダイアログが表示されます。このダイアログの違いは、既存の接続プロファイルに Details メニューエントリーがあることです。

関連情報

  • 対応している IPsec パラメーターの詳細は、nm-settings-libreswan(5) man ページを参照してください。