Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

21.3. control-center による静的ルートの設定

GNOME で control-center を使用して、ネットワーク接続の設定に静的ルートを追加します。

本セクションの手順では、198.51.100.1 で実行しているゲートウェイを使用する 192.0.2.0/24 ネットワークにルートを追加する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. IPv4 タブを開きます。
  2. 必要に応じて、IPv4 タブの Routes セクションの On ボタンをクリックして自動ルートを無効にし、静的ルートのみを使用します。自動ルートが有効になっている場合は、Red Hat Enterprise Linux が静的ルートと、DHCP サーバーから受け取ったルートを使用します。
  3. アドレス、ネットマスク、ゲートウェイを入力します。必要に応じて、メトリック値を入力します。

    IPv4 static route in control center

  4. 適用 をクリックします。
  5. Network ウィンドウに戻り、接続のボタンを Off に切り替えてから On に戻して、接続を無効にして再度有効にし、変更を適用します。

    警告

    接続を再起動すると、そのインターフェースの接続が一時的に中断します。

  6. 必要に応じて、ルートがアクティブであることを確認します。

    $ ip route
    ...
    192.0.2.0/24 via 198.51.100.1 dev example proto static metric 100