Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

24.3. nmcli を使用した静的ルートの設定

nmcli connection modify コマンドを使用して、既存の NetworkManager 接続プロファイルに静的ルートを追加できます。

以下の手順では、以下の経路を設定します。

  • リモート 198.51.100.0/24 ネットワークへの IPv4 ルート。IP アドレス 192.0.2.10 を持つ対応するゲートウェイは、LAN 接続プロファイルを通じて到達可能です。
  • リモート 2001:db8:2::/64 ネットワークへの IPv6 ルート。IP アドレス 2001:db8:1::10 を持つ対応するゲートウェイは、LAN 接続プロファイルを通じて到達可能です。

前提条件

  • LAN 接続プロファイルが存在し、このホストがゲートウェイと同じ IP サブネットに存在するように設定されます。

手順

  1. LAN 接続プロファイルに静的 IPv4 ルートを追加します。

    # nmcli connection modify LAN +ipv4.routes "198.51.100.0/24 192.0.2.10"

    1 つのステップで複数のルートを設定するには、個々のルートをコンマで区切ってコマンドに渡します。

    # nmcli connection modify <connection_profile> +ipv4.routes "<remote_network_1>/<subnet_mask_1> <gateway_1>, <remote_network_n>/<subnet_mask_n> <gateway_n>, ..."
  2. LAN 接続プロファイルに静的 IPv6 ルートを追加します。

    # nmcli connection modify LAN +ipv6.routes "2001:db8:2::/64 2001:db8:1::10"
  3. 接続を再度有効にします。

    # nmcli connection up LAN

検証

  1. IPv4 ルートを表示します。

    # ip -4 route
    ...
    198.51.100.0/24 via 192.0.2.10 dev enp1s0
  2. IPv6 ルートを表示します。

    # ip -6 route
    ...
    2001:db8:2::/64 via 2001:db8:1::10 dev enp1s0 metric 1024 pref medium