Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.6. nmcli コマンドによるネットワークチームの設定

本セクションでは、nmcli ユーティリティーを使用してネットワークチームを設定する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. チームインターフェースを作成します。

    # nmcli connection add type team con-name team0 ifname team0 team.runner activebackup

    このコマンドは、activebackup ランナーを使用する team0 という名前のネットワークチームを作成します。

  2. 必要に応じて、リンク監視を設定します。たとえば、team0 接続プロファイルで ethtool リンク監視を設定するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify team0 team.link-watchers "name=ethtool"

    リンク監視は、さまざまなパラメーターに対応します。リンク監視にパラメーターを設定するには、name プロパティーでスペースで区切って指定します。name プロパティーは引用符で囲む必要があることに注意してください。たとえば、ethtool リンク監視を使用し、delay-up パラメーターを 2500 ミリ秒 (2.5 秒) で設定するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify team0 team.link-watchers "name=ethtool delay-up=2500"

    複数のリンク監視および各リンク監視を、特定のパラメーターで設定するには、リンク監視をコンマで区切る必要があります。以下の例では、delay-up パラメーターで ethtool リンク監視を設定します。arp_ping リンク監視は、source-host パラメーターおよび target-host パラメーターで設定します。

    # nmcli connection modify team0 team.link-watchers "name=ethtool delay-up=2, name=arp_ping source-host=192.0.2.1 target-host=192.0.2.2"
  3. ネットワークインターフェースを表示し、チームに追加するインターフェースの名前を書き留めます。

    # nmcli device status
    DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
    enp7s0  ethernet  disconnected  --
    enp8s0  ethernet  disconnected  --
    bond0   bond      connected  bond0
    bond1   bond      connected  bond1
    ...

    この例では、以下のように設定されています。

    • enp7s0 および enp8s0 は設定されません。これらのデバイスをポートとして使用するには、次のステップに接続プロファイルを追加します。いずれの接続にも割り当てられていないチームでネットワークインターフェースのみを使用できます。
    • bond0 および bond1 には既存の接続プロファイルがあります。これらのデバイスをポートとして使用するには、次の手順でプロファイルを変更します。
  4. ポートインターフェースをチームに割り当てます。

    1. チームに割り当てるインターフェースが設定されていない場合は、それらの接続プロファイルを新たに作成します。

      # nmcli connection add type ethernet slave-type team con-name team0-port1 ifname enp7s0 master team0
      # nmcli connection add type ethernet slave-type team con-name team0-port2 ifname enp8s0 master team0

      .これらのコマンドは、enp7s0 および enp8s0 にプロファイルを作成し、team0 接続に追加します。

    2. 既存の接続プロファイルをチームに割り当てるには、以下の接続の master パラメーターを team0 に設定します。

      # nmcli connection modify bond0 master team0
      # nmcli connection modify bond1 master team0

      これらのコマンドは、bond0 および bond1 という名前の既存の接続プロファイルを team0 接続に割り当てます。

  5. チームの IP 設定を構成します。このチームを他のデバイスのポートとして使用する場合は、この手順を省略します。

    1. IPv4 設定を構成します。たとえば、team0 接続の静的 IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、および DNS 検索ドメインを設定するには、次のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify team0 ipv4.addresses '192.0.2.1/24'
      # nmcli connection modify team0 ipv4.gateway '192.0.2.254'
      # nmcli connection modify team0 ipv4.dns '192.0.2.253'
      # nmcli connection modify team0 ipv4.dns-search 'example.com'
      # nmcli connection modify team0 ipv4.method manual
    2. IPv6 設定を構成します。たとえば、team0 接続の静的 IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、DNS 検索ドメインを設定するには、次のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify team0 ipv6.addresses '2001:db8:1::1/64'
      # nmcli connection modify team0 ipv6.gateway '2001:db8:1::fffe'
      # nmcli connection modify team0 ipv6.dns '2001:db8:1::fffd'
      # nmcli connection modify team0 ipv6.dns-search 'example.com'
      # nmcli connection modify team0 ipv6.method manual
  6. 接続をアクティベートします。

    # nmcli connection up team0

検証手順

  • チームのステータスを表示します。

    # teamdctl team0 state
    setup:
      runner: activebackup
    ports:
      enp7s0
        link watches:
          link summary: up
          instance[link_watch_0]:
            name: ethtool
            link: up
            down count: 0
      enp8s0
        link watches:
          link summary: up
          instance[link_watch_0]:
            name: ethtool
            link: up
            down count: 0
    runner:
      active port: enp7s0

    この例では、両方のポートが起動しています。

関連情報

  • 接続テストの詳細は、「基本的なネットワーク設定のテスト」を参照してください。
  • 接続にデフォルトゲートウェイがない場合は、「NetworkManager の設定」を参照して、特定のプロファイルを使用してデフォルトゲートウェイが指定されないようにします。
  • teamd サービス、ランナー、およびリンク監視の理解
  • nmcli の例は、nmcli-examples(7) man ページを参照してください。
  • 設定可能なすべてのチームプロパティーは、nm-settings (5) の man ページの team セクションを参照してください。
  • JSON 設定や JSON の例で設定できるパラメーターは、teamd.conf (5) の man ページを参照してください。