Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

13.6. nm-connection-editor によるネットワークボンディングの設定

本セクションでは、nm-connection-editor アプリケーションを使用してネットワークボンディングを設定する方法を説明します。

nm-connection-editor は、新しいポートだけをチームに追加できることに注意してください。既存の接続プロファイルをポートとして使用するには、「nmcli コマンドを使用したネットワークボンディングの設定」の説明に従って、nmcli ユーティリティーを使用してボンディングを作成します。

前提条件

  • サーバーに、2 つ以上の物理ネットワークデバイスまたは仮想ネットワークデバイスがインストールされている。
  • ボンディングのポートとしてイーサネットデバイスを使用するには、物理または仮想のイーサネットデバイスがサーバーにインストールされている。
  • ボンディングのポートとしてチーム、ボンディング、または VLAN デバイスを使用するには、これらのデバイスがまだ設定されていないことを確認してください。

手順

  1. 端末を開き、nm-connection-editor と入力します。

    $ nm-connection-editor
  2. + ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。
  3. 接続タイプ Bond を選択し、作成 をクリックします。
  4. Bond タブで、以下を行います。

    1. 必要に応じて、Interface name フィールドにボンドインターフェースの名前を設定します。
    2. 追加 ボタンをクリックして、ネットワークインターフェースをポートとしてボンドに追加します。

      1. インターフェースの接続タイプを選択します。たとえば、有線接続に Ethernet を選択します。
      2. 必要に応じて、ポートの接続名を設定します。
      3. イーサネットデバイスの接続プロファイルを作成する場合は、Ethernet タブを開き、Device フィールドでポートとしてボンディングに追加するネットワークインターフェースを選択します。別のデバイスタイプを選択した場合は、それに応じて設定します。イーサネットインターフェースは、設定されていないボンディングでのみ使用できることに注意してください。
      4. 保存 をクリックします。
    3. ボンディングに追加する各インターフェースで直前の手順を繰り返します。

      add nic to bond in nm connection editor

    4. オプションで、Media Independent Interface (MII) の監視間隔などの他のオプションを設定します。
  5. ボンディングの IP 設定を構成します。このボンディングを他のデバイスのポートとして使用する場合は、この手順を省略します。

    1. IPv4 Settings タブで、IPv4 設定を構成します。たとえば、静的な IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、DNS 検索ドメインを設定します。

      bond IPv4 settings nm connection editor

    2. IPv6 設定 タブで、IPv6 設定を構成します。たとえば、静的な IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、DNS 検索ドメインを設定します。

      bond IPv6 settings nm connection editor

  6. 保存 をクリックして、ボンド接続を保存します。
  7. nm-connection-editor を閉じます。

検証手順

  • ボンディングのステータスを表示します。

    $ cat /proc/net/bonding/bond0
    Ethernet Channel Bonding Driver: v3.7.1 (April 27, 2011)
    
    Bonding Mode: fault-tolerance (active-backup)
    Primary Slave: None
    Currently Active Slave: enp7s0
    MII Status: up
    MII Polling Interval (ms): 100
    Up Delay (ms): 0
    Down Delay (ms): 0
    
    Slave Interface: enp7s0
    MII Status: up
    Speed: Unknown
    Duplex: Unknown
    Link Failure Count: 0
    Permanent HW addr: 52:54:00:d5:e0:fb
    Slave queue ID: 0
    
    Slave Interface: enp8s0
    MII Status: up
    Speed: Unknown
    Duplex: Unknown
    Link Failure Count: 0
    Permanent HW addr: 52:54:00:b2:e2:63
    Slave queue ID: 0

    この例では、両方のポートが起動しています。

関連情報