Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.2. nmcli を使用して GRE トンネルを設定して、IPv4 パケット内のレイヤー 3 トラフィックをカプセル化

Generic Routing Encapsulation (GRE) トンネルは、RFC 2784 で説明されているように、IPv4 パケットでレイヤー 3 トラフィックをカプセル化します。GRE トンネルは、有効なイーサネットタイプで任意のレイヤー 3 プロトコルをカプセル化できます。

重要

GRE トンネルを介して送信されるデータは暗号化されません。セキュリティー上の理由から、すでに暗号化されたデータにはトンネルを使用してください (HTTPS などの他のプロトコル)。

この手順では、以下の図に示すように、2 つの RHEL ルーター間で GRE トンネルを作成し、インターネット経由で 2 つの内部サブネットに接続する方法を説明します。

GRE トンネル
注記

gre0 デバイス名は予約されています。デバイスに gre1 または別の名前を使用します。

前提条件

  • 各 RHEL ルーターには、ローカルサブネットに接続されているネットワークインターフェースがあります。
  • 各 RHEL ルーターには、インターネットに接続しているネットワークインターフェースがあります。

手順

  1. ネットワーク A の RHEL ルーターで、次のコマンドを実行します。

    1. gre1 という名前の GRE トンネルインターフェースを作成します。

      # nmcli connection add type ip-tunnel ip-tunnel.mode gre con-name gre1 ifname gre1 remote 198.51.100.5 local 203.0.113.10

      remote パラメーターおよび local パラメーターは、リモートルーターおよびローカルルーターのパブリック IP アドレスを設定します。

    2. IPv4 アドレスを gre1 デバイスに設定します。

      # nmcli connection modify gre1 ipv4.addresses '10.0.1.1/30'

      トンネルには、2 つの使用可能な IP アドレスを持つ /30 サブネットで十分であることに注意してください。

    3. 手動の IPv 4 設定を使用するように gre1 接続を設定します。

      # nmcli connection modify gre1 ipv4.method manual
    4. トラフィックを 172.16.0.0/24 ネットワークにルーティングする静的ルートをルーター B のトンネル IP に追加します。

      # nmcli connection modify tun0 +ipv4.routes "172.16.0.0/24 10.0.1.2"
    5. gre1 コネクションを有効にします。

      # nmcli connection up gre1
    6. パケット転送を有効にします。

      # echo "net.ipv4.ip_forward=1" > /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf
      # sysctl -p /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf
  2. ネットワーク B の RHEL ルーターで、次のコマンドを実行します。

    1. gre1 という名前の GRE トンネルインターフェースを作成します。

      # nmcli connection add type ip-tunnel ip-tunnel.mode ipip con-name gre1 ifname gre1 remote 203.0.113.10 local 198.51.100.5

      remote パラメーターおよび local パラメーターは、リモートルーターおよびローカルルーターのパブリック IP アドレスを設定します。

    2. IPv4 アドレスを gre1 デバイスに設定します。

      # nmcli connection modify gre1 ipv4.addresses '10.0.1.2/30'
    3. 手動の IPv 4 設定を使用するように gre1 接続を設定します。

      # nmcli connection modify gre1 ipv4.method manual
    4. トラフィックを 192.0.2.0/24 ネットワークにルーティングする静的ルートをルーター A のトンネル IP に追加します。

      # nmcli connection modify tun0 +ipv4.routes "192.0.2.0/24 10.0.1.1"
    5. gre1 コネクションを有効にします。

      # nmcli connection up gre1
    6. パケット転送を有効にします。

      # echo "net.ipv4.ip_forward=1" > /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf
      # sysctl -p /etc/sysctl.d/95-IPv4-forwarding.conf

検証手順

  1. 各 RHEL ルーターから、他のルーターの内部インターフェースの IP アドレスに ping します。

    1. ルーター A で 172.16.0.1 に ping します。

      # ping 172.16.0.1
    2. ルーター B で 192.0.2.1 に ping します。

      # ping 192.0.2.1

関連情報

  • nmcli の使用に関する詳細は、man ページの nmcli を参照してください。
  • nmcli で設定できるトンネル設定の詳細は、man ページの nm-settings(5)ip-tunnel settings セクションを参照してください。