Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 VXLAN を使用した仮想マシンの仮想レイヤー 2 ドメインの作成

仮想拡張可能な LAN (VXLAN) は、UDP プロトコルを使用して IP ネットワーク経由でレイヤー 2 トラフィックをトンネルするネットワークプロトコルです。たとえば、別のホストで実行している特定の仮想マシンは、VXLAN トンネルを介して通信できます。ホストは、世界中の異なるサブネットやデータセンターに存在できます。仮想マシンの視点からは、同じ VXLAN 内のその他の仮想マシンは、同じレイヤー 2 ドメイン内にあります。

vxlan トンネル

この例では、RHEL-host-A と RHEL-host-B は、ブリッジである br0 を使用して、VXLAN 名が vxlan10 である各ホストの仮想マシンの仮想ネットワークを接続します。この設定により、VXLAN は仮想マシンには表示されなくなり、仮想マシンに特別な設定は必要ありません。その後、別の仮想マシンを同じ仮想ネットワークに接続すると、仮想マシンは自動的に同じ仮想レイヤー 2 ドメインのメンバーになります。

重要

通常のレイヤー 2 トラフィックと同様、VXLAN のデータは暗号化されません。セキュリティー上の理由から、VPN 経由で VXLAN を使用するか、その他のタイプの暗号化接続を使用します。

6.1. VXLAN の利点

仮想拡張可能 LAN (VXLAN) の主な利点は、以下のとおりです。

  • VXLAN は 24 ビット ID を使用します。そのため、最大 16,777,216 の分離されたネットワークを作成できます。たとえば、仮想 LAN (VLAN) は 4,096 の分離されたネットワークのみをサポートします。
  • VXLAN は IP プロトコルを使用します。これにより、トラフィックをルーティングし、仮想的に実行するシステムを、同じレイヤー 2 ドメイン内の異なるネットワークと場所に置くことができます。
  • ほとんどのトンネルプロトコルとは異なり、VXLAN はポイントツーポイントネットワークだけではありません。VXLAN は、他のエンドポイントの IP アドレスを動的に学習するか、静的に設定された転送エントリーを使用できます。
  • 特定のネットワークカードは、UDP トンネル関連のオフロード機能に対応します。

関連情報

  • kernel-doc パッケージにより提供されている /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/networking/vxlan.rst