Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第17章 RHEL における従来のネットワークスクリプトのサポート

デフォルトでは、RHEL は NetworkManager を使用してネットワーク接続を設定および管理し、/usr/sbin/ifup スクリプトおよび /usr/sbin/ifdown スクリプトは NetworkManager を使用して /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリー内の ifcfg ファイルを処理します。

重要

レガシースクリプトは RHEL 8 で非推奨となり、RHEL の今後のメジャーバージョンで削除されます。以前のバージョンから RHEL 8 にアップグレードしたため、レガシーネットワークスクリプトを使用する場合は、設定を NetworkManager に移行することが推奨されます。

17.1. 従来のネットワークスクリプトのインストール

NetworkManager を使用せずにネットワーク設定を処理する非推奨のネットワークスクリプトが必要な場合は、それらをインストールできます。この場合、/usr/sbin/ifup スクリプトおよび /usr/sbin/ifdown スクリプトは、ネットワーク設定を管理する非推奨のシェルスクリプトにリンクします。

手順

  • network-scripts パッケージをインストールします。

    # yum install network-scripts