Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

40.10. ゾーン間で転送されるトラフィックのフィルタリング

firewalld を使用すると、異なる firewalld ゾーン間のネットワークデータのフローを制御できます。ルールとポリシーを定義することで、これらのゾーン間を移動するトラフィックをどのように許可またはブロックするかを管理できます。

ポリシーオブジェクト機能は、firewalld で正引きフィルターと出力フィルターを提供します。firewalld を使用して、異なるゾーン間のトラフィックをフィルタリングし、ローカルでホストされている仮想マシンへのアクセスを許可して、ホストを接続できます。

40.10.1. ポリシーオブジェクトとゾーンの関係

ポリシーオブジェクトを使用すると、サービス、ポート、リッチルールなどの firewalld のプリミティブをポリシーに割り当てることができます。ポリシーオブジェクトは、ステートフルおよび一方向の方法でゾーン間を通過するトラフィックに適用することができます。

# firewall-cmd --permanent --new-policy myOutputPolicy

# firewall-cmd --permanent --policy myOutputPolicy --add-ingress-zone HOST

# firewall-cmd --permanent --policy myOutputPolicy --add-egress-zone ANY

HOST および ANY は、イングレスゾーンおよびエグレスゾーンのリストで使用されるシンボリックゾーンです。

  • HOST シンボリックゾーンは、firewalld を実行しているホストから発信されるトラフィック、またはホストへの宛先を持つトラフィックのポリシーを許可します。
  • ANY シンボリックゾーンは、現行および将来のすべてのゾーンにポリシーを適用します。ANY シンボリックゾーンは、すべてのゾーンのワイルドカードとして機能します。

40.10.2. 優先度を使用したポリシーのソート

同じトラフィックセットに複数のポリシーを適用できるため、優先度を使用して、適用される可能性のあるポリシーの優先順位を作成する必要があります。

ポリシーをソートする優先度を設定するには、次のコマンドを実行します。

# firewall-cmd --permanent --policy mypolicy --set-priority -500

この例では、-500 の優先度は低くなりますが、優先度は高くなります。したがって、-500 は、-100 より前に実行されます。

優先度の数値が小さいほど優先度が高く、最初に適用されます。

40.10.3. ポリシーオブジェクトを使用した、ローカルでホストされているコンテナーと、ホストに物理的に接続されているネットワークとの間でのトラフィックのフィルタリング

ポリシーオブジェクト機能を使用すると、ユーザーは Podman ゾーンと firewalld ゾーン間のトラフィックをフィルタリングできます。

注記

Red Hat は、デフォルトではすべてのトラフィックをブロックし、Podman ユーティリティーに必要なサービスを選択して開くことを推奨します。

手順

  1. 新しいファイアウォールポリシーを作成します。

    # firewall-cmd --permanent --new-policy podmanToAny
  2. Podman から他のゾーンへのすべてのトラフィックをブロックし、Podman で必要なサービスのみを許可します。

    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToAny --set-target REJECT
    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToAny --add-service dhcp
    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToAny --add-service dns
    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToAny --add-service https
  3. 新しい Podman ゾーンを作成します。

    # firewall-cmd --permanent --new-zone=podman
  4. ポリシーのイングレスゾーンを定義します。

    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToHost --add-ingress-zone podman
  5. 他のすべてのゾーンのエグレスゾーンを定義します。

    # firewall-cmd --permanent --policy podmanToHost --add-egress-zone ANY

    エグレスゾーンを ANY に設定すると、Podman と他のゾーンの間でフィルタリングすることになります。ホストに対してフィルタリングする場合は、エグレスゾーンを HOST に設定します。

  6. firewalld サービスを再起動します。

    # systemctl restart firewalld

検証

  • 他のゾーンに対する Podman ファイアウォールポリシーを検証します。

    # firewall-cmd --info-policy podmanToAny
    podmanToAny (active)
      ...
      target: REJECT
      ingress-zones: podman
      egress-zones: ANY
      services: dhcp dns https
      ...

40.10.4. ポリシーオブジェクトのデフォルトターゲットの設定

ポリシーには --set-target オプションを指定できます。以下のターゲットを使用できます。

  • ACCEPT - パケットを受け入れます
  • DROP - 不要なパケットを破棄します
  • REJECT - ICMP 応答で不要なパケットを拒否します
  • CONTINUE (デフォルト) - パケットは、次のポリシーとゾーンのルールに従います。

    # firewall-cmd --permanent --policy mypolicy --set-target CONTINUE

検証

  • ポリシーに関する情報の確認

    # firewall-cmd --info-policy mypolicy

40.10.5. DNAT を使用して HTTPS トラフィックを別のホストに転送する

Web サーバーがプライベート IP アドレスを持つ DMZ で実行されている場合は、宛先ネットワークアドレス変換 (DNAT) を設定して、インターネット上のクライアントがこの Web サーバーに接続できるようにすることができます。この場合、Web サーバーのホスト名はルーターのパブリック IP アドレスに解決されます。クライアントがルーターの定義済みポートへの接続を確立すると、ルーターはパケットを内部 Web サーバーに転送します。

前提条件

  • DNS サーバーが、Web サーバーのホスト名をルーターの IP アドレスに解決している。
  • 次の設定を把握している。

    • 転送するプライベート IP アドレスおよびポート番号
    • 使用する IP プロトコル
    • パケットをリダイレクトする Web サーバーの宛先 IP アドレスおよびポート

手順

  1. ファイアウォールポリシーを作成します。

    # firewall-cmd --permanent --new-policy <example_policy>

    ポリシーは、ゾーンとは対照的に、入力、出力、および転送されるトラフィックのパケットフィルタリングを許可します。ローカルで実行されている Web サーバー、コンテナー、または仮想マシン上のエンドポイントにトラフィックを転送するには、このような機能が必要になるため、これは重要です。

  2. イングレストラフィックとエグレストラフィックのシンボリックゾーンを設定して、ルーター自体がローカル IP アドレスに接続し、このトラフィックを転送できるようにします。

    # firewall-cmd --permanent --policy=<example_policy> --add-ingress-zone=HOST
    # firewall-cmd --permanent --policy=<example_policy> --add-egress-zone=ANY

    --add-ingress-zone=HOST オプションは、ローカルで生成され、ローカルホストから送信されるパケットを参照します。--add-egress-zone=ANY オプションは、任意のゾーンに向かうトラフィックを参照します。

  3. トラフィックを Web サーバーに転送するリッチルールを追加します。

    # firewall-cmd --permanent --policy=<example_policy> --add-rich-rule='rule family="ipv4" destination address="192.0.2.1" forward-port port="443" protocol="tcp" to-port="443" to-addr="192.51.100.20"'

    リッチルールは、ルーターの IP アドレス (192.0.2.1) のポート 443 から Web サーバーの IP アドレス (192.51.100.20) のポート 443 に TCP トラフィックを転送します。

  4. ファイアウォール設定ファイルをリロードします。

    # firewall-cmd --reload
    success
  5. カーネルで 127.0.0.0/8 のルーティングを有効にします。

    • 変更を永続化するには、次を実行します。

      # echo "net.ipv4.conf.all.route_localnet=1" > /etc/sysctl.d/90-enable-route-localnet.conf

      このコマンドは、route_localnet カーネルパラメーターを永続的に設定し、システムの再起動後も設定が確実に保持されるようにします。

    • システムを再起動することなく直ちに設定を適用するには、次のコマンドを実行します。

      # sysctl -p /etc/sysctl.d/90-enable-route-localnet.conf

      sysctl コマンドは、オンザフライで変更を適用するのに便利ですが、システムを再起動すると設定は元に戻ります。

検証

  1. Web サーバーに転送したルーターの IP アドレスおよびポートに接続します。

    # curl https://192.0.2.1:443
  2. net.ipv4.conf.all.route_localnet カーネルパラメーターがアクティブであることを確認します。

    # sysctl net.ipv4.conf.all.route_localnet
    net.ipv4.conf.all.route_localnet = 1
  3. <example_policy> がアクティブであり、必要な設定 (特にソース IP アドレスとポート、使用するプロトコル、宛先 IP アドレスとポート) が含まれていることを確認します。

    # firewall-cmd --info-policy=<example_policy>
    example_policy (active)
      priority: -1
      target: CONTINUE
      ingress-zones: HOST
      egress-zones: ANY
      services:
      ports:
      protocols:
      masquerade: no
      forward-ports:
      source-ports:
      icmp-blocks:
      rich rules:
    	rule family="ipv4" destination address="192.0.2.1" forward-port port="443" protocol="tcp" to-port="443" to-addr="192.51.100.20"

関連情報