Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第34章 ethtool コロケーターの設定

割り込みコアレッシングを使用すると、システムはネットワークパケットを収集し、複数のパケットに対して割り込みを 1 つ生成します。これにより、1 つのハードウェア割り込みでカーネルに送信されたデータ量が増大し、割り込み負荷が減り、スループットを最大化します。

本セクションでは、ethtool 結合を設定するさまざまなオプションを説明します。

34.1. NetworkManager で対応している結合設定

NetworkManager を使用して、以下の ethtool 結合を設定できます。

  • coalesce-adaptive-rx
  • coalesce-adaptive-tx
  • coalesce-pkt-rate-high
  • coalesce-pkt-rate-low
  • coalesce-rx-frames
  • coalesce-rx-frames-high
  • coalesce-rx-frames-irq
  • coalesce-rx-frames-low
  • coalesce-rx-usecs
  • coalesce-rx-usecs-high
  • coalesce-rx-usecs-irq
  • coalesce-rx-usecs-low
  • coalesce-sample-interval
  • coalesce-stats-block-usecs
  • coalesce-tx-frames
  • coalesce-tx-frames-high
  • coalesce-tx-frames-irq
  • coalesce-tx-frames-low
  • coalesce-tx-usecs
  • coalesce-tx-usecs-high
  • coalesce-tx-usecs-irq
  • coalesce-tx-usecs-low