Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.11. pvcreate コマンドと vgcfgrestore コマンドを使用した、LVM ヘッダーとメタデータが破損したディスクの修復

破損した物理ボリューム、または新しいデバイスに置き換えられた物理ボリューム上のメタデータとヘッダーを復元できます。物理ボリュームのメタデータ領域を書き換えて、物理ボリュームからデータを復旧できる場合があります。

警告

これらの手順は、各コマンドの意味、現在のボリュームのレイアウト、実現する必要があるレイアウト、およびバックアップメタデータファイルの内容をよく理解している場合にのみ、細心の注意を払って使用する必要があります。これらのコマンドはデータを破損する可能性があるため、トラブルシューティングについては Red Hat グローバルサポートサービスに問い合わせることを推奨します。

前提条件

手順

  1. pvcreate および vgcfgrestore コマンドに必要な次の情報を収集します。# pvs -o+uuid コマンドを実行すると、ディスクと UUID に関する情報を収集できます。

    • metadata-file は、VG の最新のメタデータバックアップファイルへのパスです (例: /etc/lvm/backup/<vg-name>)。
    • vg-name は、破損または欠落している PV がある VG の名前です。
    • このデバイスの破損した PV の UUID は、# pvs -i+uuid コマンドの出力から取得した値です。
    • disk は、PV が配置されるディスクの名前です (例: /dev/sdb)。これが正しいディスクであることを確認するか、Red Hat サポートにお問い合わせください。正しいディスクでない場合、次の手順に従うとデータが失われる可能性があります。
  2. ディスク上に LVM ヘッダーを再作成します。

    # pvcreate --restorefile <metadata-file> --uuid <UUID> <disk>

    必要に応じて、ヘッダーが有効であることを確認します。

    # pvck --dump headers <disk>
  3. ディスク上に VG メタデータを復元します。

    # vgcfgrestore --file <metadata-file> <vg-name>

    必要に応じて、メタデータが復元されていることを確認します。

    # pvck --dump metadata <disk>

VG のメタデータバックアップファイルがない場合は、抽出したメタデータのファイルへの保存 の手順を使用して取得できます。

検証

  • 新しい物理ボリュームが損傷しておらず、ボリュームグループが正しく機能していることを確認するには、次のコマンドの出力を確認します。
# vgs