Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.2. LVM キャッシュコンポーネント

LVM は、キャッシュを LVM 論理ボリュームに追加するためのサポートを提供します。LVM キャッシュは、LVM 論理ボリュームタイプを使用します。

Main LV
より大きく、より遅い、元のボリューム。
キャッシュプール LV
メイン LV からデータをキャッシュするために使用できる複合 LV。キャッシュデータを保持するためのデータと、キャッシュデータを管理するためのメタデータの 2 つのサブ LV があります。データおよびメタデータ用に特定のディスクを設定できます。キャッシュプールは dm-cache でのみ使用できます。
Cachevol LV
メイン LV からデータをキャッシュするために使用できる線形 LV。データとメタデータ用に個別のディスクを設定することはできません。cachevol は、dm-cache または dm-writecache でのみ使用できます。

これらの関連付けられた LV はすべて、同じボリュームグループにある必要があります。

メインの論理ボリューム (LV) を、キャッシュされたデータを保持する高速で通常は小さい LV と組み合わせることができます。高速 LV は、SSD ドライブなどの高速ブロックデバイスから作成されます。論理ボリュームのキャッシュを有効にすると、LVM は元のボリュームの名前を変更および非表示にし、元の論理ボリュームで設定される新しい論理ボリュームを表示します。新しい論理ボリュームの設定は、キャッシュ方法と、cachevol オプションまたは cachepool オプションを使用しているかどうかによって異なります。

cachevol オプションおよび cachepool オプションは、キャッシングコンポーネントの配置に対するさまざまなレベルの制御を公開します。

  • cachevol オプションを使用すると、高速なデバイスは、データブロックのキャッシュされたコピーとキャッシュ管理用のメタデータの両方を保存します。
  • cachepool オプションを使用すると、別のデバイスはデータブロックのキャッシュコピーとキャッシュ管理用のメタデータを保存できます。

    dm-writecache メソッドは、cachepool と互換性がありません。

すべての設定において、LVM は、結果として作成される 1 つのデバイスを公開し、すべてのキャッシングコンポーネントをグループ化します。作成されるデバイスは、元の低速な論理ボリュームと同じ名前になります。