Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.9. ディスクからの VG メタデータの抽出

状況に応じて、次のいずれかの手順を選択して、ディスクから VG メタデータを抽出します。抽出したメタデータを保存する方法については、抽出したメタデータのファイルへの保存 を参照してください。

注記

修復には、ディスクからメタデータを抽出せずに /etc/lvm/backup/ にあるバックアップファイルを使用できます。

手順

  • 有効な mda_header から参照される現在のメタデータテキストを出力します。

    # pvck --dump metadata <disk>

    例17.8 有効な mda_header からのメタデータテキスト

    # pvck --dump metadata /dev/sdb
      metadata text at 172032 crc Oxc627522f # vgname test segno 59
      ---
      <raw metadata from disk>
      ---
  • 有効な mda_header の検出に基づいて、メタデータ領域で見つかったすべてのメタデータコピーの場所を出力します。

    # pvck --dump metadata_all <disk>

    例17.9 メタデータ領域内のメタデータコピーの場所

    # pvck --dump metadata_all /dev/sdb
      metadata at 4608 length 815 crc 29fcd7ab vg test seqno 1 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
      metadata at 5632 length 1144 crc 50ea61c3 vg test seqno 2 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
      metadata at 7168 length 1450 crc 5652ea55 vg test seqno 3 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
  • たとえば、ヘッダーが欠落しているか破損している場合は、mda_header を使用せずにメタデータ領域内のメタデータのすべてのコピーを検索します。

    # pvck --dump metadata_search <disk>

    例17.10 mda_header を使用しないメタデータ領域内のメタデータコピー

    # pvck --dump metadata_search /dev/sdb
      Searching for metadata at offset 4096 size 1044480
      metadata at 4608 length 815 crc 29fcd7ab vg test seqno 1 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
      metadata at 5632 length 1144 crc 50ea61c3 vg test seqno 2 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
      metadata at 7168 length 1450 crc 5652ea55 vg test seqno 3 id FaCsSz-1ZZn-mTO4-Xl4i-zb6G-BYat-u53Fxv
  • メタデータの各コピーの説明を表示するには、dump コマンドに -v オプションを追加します。

    # pvck --dump metadata -v <disk>

    例17.11 各メタデータコピーの説明の表示

    # pvck --dump metadata -v /dev/sdb
      metadata text at 199680 crc 0x628cf243 # vgname my_vg seqno 40
      ---
    my_vg {
    id = "dmEbPi-gsgx-VbvS-Uaia-HczM-iu32-Rb7iOf"
    seqno = 40
    format = "lvm2"
    status = ["RESIZEABLE", "READ", "WRITE"]
    flags = []
    extent_size = 8192
    max_lv = 0
    max_pv = 0
    metadata_copies = 0
    
    physical_volumes {
    
    pv0 {
    id = "8gn0is-Hj8p-njgs-NM19-wuL9-mcB3-kUDiOQ"
    device = "/dev/sda"
    
    device_id_type = "sys_wwid"
    device_id = "naa.6001405e635dbaab125476d88030a196"
    status = ["ALLOCATABLE"]
    flags = []
    dev_size = 125829120
    pe_start = 8192
    pe_count = 15359
    }
    
    pv1 {
    id = "E9qChJ-5ElL-HVEp-rc7d-U5Fg-fHxL-2QLyID"
    device = "/dev/sdb"
    
    device_id_type = "sys_wwid"
    device_id = "naa.6001405f3f9396fddcd4012a50029a90"
    status = ["ALLOCATABLE"]
    flags = []
    dev_size = 125829120
    pe_start = 8192
    pe_count = 15359
    }

このファイルは修復に使用できます。最初のメタデータ領域は、デフォルトでダンプメタデータに使用されます。ディスクの末尾に 2 番目のメタデータ領域がある場合は、--settings "mda_num=2" オプションを使用して、代わりに 2 番目のメタデータ領域をダンプメタデータに使用できます。