Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 LVM レポートのカスタマイズ

LVM では、カスタマイズされたレポートを生成したり、レポートの出力をフィルタリングしたりするための様々な設定およびコマンドラインオプションが提供されます。出力のソート、単位の指定、選択基準の使用、および lvm.conf ファイルの更新を行って LVM レポートをカスタマイズできます。

7.1. LVM 表示の形式の制御

pvslvsvgs のいずれのコマンドも、表示するデフォルトのフィールドセットとソート順序を決定します。次のコマンドを実行することで、これらのコマンドの出力を制御できます。

手順

  • -o オプションを使用して、LVM 表示のデフォルトのフィールドを変更します。

    # pvs -o pv_name,pv_size,pv_free
      PV         PSize  PFree
      /dev/vdb1  17.14G 17.14G
      /dev/vdb2  17.14G 17.09G
      /dev/vdb3  17.14G 17.14G
  • -O オプションを使用して、LVM 表示をソートします。

    # pvs -o pv_name,pv_size,pv_free -O pv_free
      PV         PSize  PFree
      /dev/vdb2 17.14G 17.09G
      /dev/vdb1  17.14G 17.14G
      /dev/vdb3  17.14G 17.14G
  • -O 引数と - 文字を使用して、表示を逆順でソートします。

    # pvs -o pv_name,pv_size,pv_free -O -pv_free
      PV         PSize  PFree
      /dev/vdb1  17.14G 17.14G
      /dev/vdb3  17.14G 17.14G
      /dev/vdb2  17.14G 17.09G

関連情報