Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.3. LVM 設定ファイルのカスタマイズ

lvm.conf ファイルを編集することで、特定のストレージおよびシステム要件に応じて LVM をカスタマイズできます。たとえば、lvm.conf を使用して、フィルター設定の変更、ボリュームグループの自動アクティブ化の設定、シンプールの管理、またはスナップショットの自動拡張を行うことができます。

手順:

  1. デフォルトの lvm.conf ファイルを表示します。

    # lvmconfig --typeconfig default --withcomments

    デフォルトでは、lvm.conf ファイルには、可能な設定を表示するコメントのみが含まれています。

  2. lvm.conf 内の設定をコメント解除して、要件に応じて lvm.conf ファイルをカスタマイズします。次の設定は、特定のコマンドのデフォルト表示の変更に焦点を当てています。

    • lvm.conf ファイルで、指定されたフィールドのみを出力するように lvs_cols パラメーターを調整します。

      {
        ...
        lvs_cols="lv_name,vg_name,lv_attr"
        ...
      }

      -o オプションを不必要に頻繁に使用しないように、lvs -o lv_name,vg_name,lv_attr コマンドの代わりにこのオプションを使用します。

    • lvm.conf ファイルで、compact_output=1 設定を使用して、pvsvgs、および lvs コマンドで空のフィールドが出力されないようにします。

      {
        ...
        compact_output = 1
        ...
      }
  3. lvm.conf ファイルを変更した後のデフォルト値を表示します。

    # lvmconfig --typeconfig diff

関連情報

  • lvm.conf(5) man ページ