Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

8.3. フェイルオーバーに SAN ディスクを使用するための LVM の設定

フェイルオーバーなどの目的で、マシン間で LUN を移動するように設定できます。使用する可能性のあるすべてのマシンに LUN を含めるように lvm.conf フィルターを設定し、各マシンに LVM システム ID を設定することで、LVM を設定できます。

次の手順では、LVM の初期設定を説明します。フェイルオーバー用の LVM のセットアップを完了し、マシン間で VG を移動するには、VG が使用できるマシンのシステム ID と一致するように VG のシステム ID を自動的に変更する pacemaker と LVM アクティブ化リソースエージェントを設定する必要があります。詳細は、高可用性クラスターの設定と管理 を参照してください。

手順

  1. lvm.conf ファイルで、デバイスを除外するパスをフィルタリングします。

    filter = [ "a|^path_to_device$|" ]
  2. すべてのマシンの LVM の system ID 機能を lvm.conf ファイルに設定します。

    system_id_source = "uname"