Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.15. 既存の RAID1 デバイスのイメージ数を変更

LVM ミラーリングの実装でイメージの数を変更できる方法と同様に、既存の RAID1 アレイのイメージの数を変更できます。

lvconvert コマンドを使用して RAID1 論理ボリュームにイメージを追加すると、次の操作を実行できます。

  • 結果として作成されるデバイス用イメージの総数を指定する
  • デバイスに追加するイメージの数
  • オプションで、新しいメタデータ/データイメージのペアが存在する物理ボリュームを指定する

手順

  1. 2 ウェイ RAID1 アレイである LVM デバイス my_vg/my_lv を表示します。

    # lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
      LV                Copy%  Devices
      my_lv             6.25    my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0)
      [my_lv_rimage_0]         /dev/sde1(0)
      [my_lv_rimage_1]         /dev/sdf1(1)
      [my_lv_rmeta_0]          /dev/sde1(256)
      [my_lv_rmeta_1]          /dev/sdf1(0)

    メタデータサブボリューム (rmeta と呼ばれる) は、対応するデータサブボリューム (rimage) と同じ物理デバイスに常に存在します。メタデータ/データのサブボリュームのペアは、--alloc をどこかに指定しない限り、RAID アレイにある別のメタデータ/データサブボリュームのペアと同じ物理ボリュームには作成されません。

  2. 2 ウェイ RAID1 論理ボリューム my_vg/my_lv を 3 ウェイ RAID1 論理ボリュームに変換します。

    # lvconvert -m 2 my_vg/my_lv
    Are you sure you want to convert raid1 LV my_vg/my_lv to 3 images enhancing resilience? [y/n]: y
    Logical volume my_vg/my_lv successfully converted.

    既存の RAID1 デバイスのイメージ数を変更する場合の例を以下に示します。

    • また、RAID にイメージを追加する際に、使用する物理ボリュームを指定することもできます。次のコマンドは、アレイに使用する物理ボリューム /dev/sdd1 を指定することにより、2 方向 RAID1 論理ボリューム my_vg/my_lv を 3 方向 RAID1 論理ボリュームに変換します。

      # lvconvert -m 2 my_vg/my_lv /dev/sdd1
    • 3 方向 RAID1 論理ボリュームを 2 方向 RAID1 論理ボリュームに変換します。

      # lvconvert -m1 my_vg/my_lv
      Are you sure you want to convert raid1 LV my_vg/my_lv to 2 images reducing resilience? [y/n]: y
      Logical volume my_vg/my_lv successfully converted.
    • 削除するイメージを含む物理ボリューム /dev/sde1 を指定して、3 方向 RAID1 論理ボリュームを 2 方向 RAID1 論理ボリュームに変換します。

      # lvconvert -m1 my_vg/my_lv /dev/sde1

      また、イメージとその関連付けられたメタデータのサブボリュームを削除すると、それよりも大きな番号のイメージが下に移動してそのスロットを引き継ぎます。lv_rimage_0lv_rimage_1、および lv_rimage_2 で構成される 3 方向 RAID1 アレイからlv_rimage_1 を削除すると、lv_rimage_0lv_rimage_1 で構成される RAID1 アレイになります。サブボリューム lv_rimage_2 の名前が、空のスロットを引き継いで lv_rimage_1 になります。

検証

  • 既存の RAID1 デバイスのイメージ数を変更した後に、RAID1 デバイスを表示します。

    # lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
      LV Cpy%Sync Devices
      my_lv 100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
      [my_lv_rimage_0] /dev/sdd1(1)
      [my_lv_rimage_1] /dev/sde1(1)
      [my_lv_rimage_2] /dev/sdf1(1)
      [my_lv_rmeta_0] /dev/sdd1(0)
      [my_lv_rmeta_1] /dev/sde1(0)
      [my_lv_rmeta_2] /dev/sdf1(0)

関連情報

  • lvconvert(8) の man ページ