Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

40.10.2. Identity Management クライアントのアンインストール

クライアントをアンインストールすると、クライアントは Identity Management ドメインから削除され、SSSD (System Security Services Daemon) などのシステムサービスの Identity Management 設定もすべて削除されます。これにより、クライアントシステムの以前の設定が復元します。

手順

  1. ipa-client-install --uninstall コマンドを実行します。

    [root@client]# ipa-client-install --uninstall
  2. クライアントホストの DNS エントリーを、手動でサーバーから削除します。

    [root@server]# ipa dnsrecord-del
    Record name: old-client-client
    Zone name: idm.example.com
    No option to delete specific record provided.
    Delete all? Yes/No (default No): yes
    ------------------------
    Deleted record "old-client-name"
  3. /etc/krb5.keytab 以外のキータブについては、古いプリンシパルを削除します。

    [root@client ~]# ipa-rmkeytab -k /path/to/keytab -r EXAMPLE.COM
  4. IdM サーバーで、ホストエントリーを削除します。これにより、すべてのサービスが削除され、そのホストに発行されたすべての証明書が無効になります。

    [root@server ~]# ipa host-del client.example.com