Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

65.4. 外部署名の証明書で IdM CA 更新サーバーの更新

このセクションでは、証明書署名要求 (CSR) に署名するために外部の CA を使用して Identity Management (IdM) 認証局 (CA) 証明書を更新する方法を説明します。この設定では、IdM CA サーバーは、外部 CA のサブ CA です。外部の CA は、Active Directory Certificate Server (AD CS) を使用することができますが、必須ではありません。

外部認証局が AD CS の場合は、CSR に、IdM CA 証明書に必要なテンプレートを指定できます。証明書テンプレートは、証明書要求の受信時に CA が使用するポリシーおよびルールを定義します。AD の証明書テンプレートは、IdM の証明書プロファイルに対応します。

オブジェクト識別子 (OID) で特定の AD CS テンプレートを定義できます。OID は、分散アプリケーションのデータ要素、構文などを一意に識別するために、さまざまな発行機関が発行する一意の数値です。

または、特定の AD CS テンプレートを名前で定義することもできます。たとえば、IdM CA から AD CS に送信された CSR で使用されるデフォルトプロファイルの名前は subCA です。

CSR で OID または名前を指定してプロファイルを定義するには、external-ca-profile オプションを使用します。詳細は、man ページの ipa-cacert-manage を参照してください。

既製の証明書テンプレートを使用する以外に、AD CS でカスタム証明書テンプレートを作成し、CSR で使用できます。

前提条件

  • IdM CA 更新サーバーへの root のアクセス権がある。

手順

この手順では、現在の CA 証明書が自己署名の証明書であるか、または外部署名であるかに関係なく、外部署名を使用して IdM CA の証明書を更新します。

  1. 外部 CA に送信される CSR を作成します。

    • 外部 CA が AD CS の場合は、--external-ca-type=ms-cs オプションを使用します。デフォルトの subCA テンプレート以外のテンプレートが必要な場合は、--external-ca-profile を使用してこれを指定します。

      ~]# ipa-cacert-manage renew --external-ca --external-ca-type=ms-cs [--external-ca-profile=PROFILE]
      Exporting CA certificate signing request, please wait
      The next step is to get /var/lib/ipa/ca.csr signed by your CA and re-run ipa-cacert-manage as:
      ipa-cacert-manage renew --external-cert-file=/path/to/signed_certificate --external-cert-file=/path/to/external_ca_certificate
      The ipa-cacert-manage command was successful
    • 外部 CA が AD CS ではない場合は、以下のようになります。

      ~]# ipa-cacert-manage renew --external-ca
      Exporting CA certificate signing request, please wait
      The next step is to get /var/lib/ipa/ca.csr signed by your CA and re-run ipa-cacert-manage as:
      ipa-cacert-manage renew --external-cert-file=/path/to/signed_certificate --external-cert-file=/path/to/external_ca_certificate
      The ipa-cacert-manage command was successful

      この出力は、CSR が作成され、/var/lib/ipa/ca.csr ファイルに保存されていることを示しています。

  2. /var/lib/ipa/ca.csr にある CSR を外部 CA に送信します。このプロセスは、外部 CA として使用するサービスにより異なります。
  3. 発行した証明書と、ベース 64 でエンコードされたブロブで CA を発行する CA 証明書チェーンを取得します。以下に例を示します。

    • 外部 CA が AD CS ではない場合の PEM ファイル
    • 外部 CA が AD CS の場合の Base_64 証明書

      プロセスは、各証明書サービスによって異なります。通常は Web ページか通知メールにダウンロードリンクがあり、管理者が、必要なすべての証明書をダウンロードできるようになっています。

      外部 CA が AD CS で、Microsoft Windows 認証局管理ウィンドウから既知のテンプレートで CSR を送信した場合、AD CS は証明書を直ちに発行し、その証明書を保存する証明書の保存ダイアログが AD CS Web インターフェイスに表示されます。

  4. ipa-cacert-manage renew コマンドを再度実行し、完全な証明書チェーンを提供するのに必要な CA 証明書ファイルをすべて追加します。--external-cert-file オプションを複数回使用して、必要な数だけファイルを指定します。

    ~]# ipa-cacert-manage renew --external-cert-file=/path/to/signed_certificate --external-cert-file=/path/to/external_ca_certificate_1 --external-cert-file=/path/to/external_ca_certificate_2
  5. すべての IdM サーバーおよびクライアントで、サーバーの証明書でローカルの IdM 証明書データベースを更新します。

    [client ~]$ ipa-certupdate
    Systemwide CA database updated.
    Systemwide CA database updated.
    The ipa-certupdate command was successful
  6. 必要に応じて、更新が成功したかどうかを確認して、新しい CA 証明書を /etc/ipa/ca.crt ファイルに追加します。

    [client ~]$ openssl crl2pkcs7 -nocrl -certfile /etc/ipa/ca.crt | openssl pkcs7 -print_certs -text -noout
    [...]
    Certificate:
        Data:
            Version: 3 (0x2)
            Serial Number: 39 (0x27)
            Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
            Issuer: O=IDM.EXAMPLE.COM, CN=Certificate Authority
            Validity
                Not Before: Jul  1 16:32:45 2019 GMT
                Not After : Jul  1 16:32:45 2039 GMT
            Subject: O=IDM.EXAMPLE.COM, CN=Certificate Authority
    [...]

    この出力は、新規 CA 証明書が古い CA 証明書と共にリストされているため、更新が正常に行われたことを示しています。