Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

63.2.2. IdM CLI での証明書マッピングルールの追加

  1. 管理者の認証情報を取得します。

    # kinit admin
  2. マッピングルールを入力し、マッピングルールの基となっているマッチングルールを入力します。たとえば、提示する証明書内の Issuer および Subject のエントリーを IdM で検索し、提示された証明書に含まれるこの 2 つのエントリーで見つかった情報に基づいて認証するかどうかを決定し、EXAMPLE.ORG 組織の Smart Card CA が発行する証明書のみを認識するには、次のコマンドを実行します。

    # ipa certmaprule-add rule_name --matchrule '<ISSUER>CN=Smart Card CA,O=EXAMPLE.ORG' --maprule '(ipacertmapdata=X509:<I>{issuer_dn!nss_x500}<S>{subject_dn!nss_x500})'
    -------------------------------------------------------
    Added Certificate Identity Mapping Rule "rule_name"
    -------------------------------------------------------
      Rule name: rule_name
      Mapping rule: (ipacertmapdata=X509:<I>{issuer_dn!nss_x500}<S>{subject_dn!nss_x500})
      Matching rule: <ISSUER>CN=Smart Card CA,O=EXAMPLE.ORG
      Enabled: TRUE
  3. System Security Services Daemon (SSSD) は、証明書マッピングルールを定期的に再読み込みします。新たに作成したルールがすぐに読み込まれるようにする場合は、次のコマンドを実行して SSSD を再起動します。

    # systemctl restart sssd

これで、証明書マッピングルールセットが設定され、スマートカードの証明書で検出されたマッピングルールで指定されたデータの種類と、IdM ユーザーエントリーの証明書マッピングデータを比較します。一致するファイルが見つかると、一致するユーザーが認証されます。