Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

105.2. GPO を使用した Active Directory で AES 暗号化タイプの有効化

本セクションでは、グループポリシーオブジェクト (GPO) を使用して、Active Directory (AD) で AES 暗号化タイプを有効にする方法を説明します。IdM クライアントで Samba サーバーを実行するなど、RHEL の特定の機能には、この暗号化タイプが必要です。

RHEL は、弱い DES および RC4 の暗号化タイプをサポートしなくなった点に注意してください。

前提条件

  • グループポリシーを編集できるユーザーとして AD にログインしている。
  • Group Policy Management Console がコンピューターにインストールされている。

手順

  1. Group Policy Management Console を開きます。
  2. デフォルトドメインポリシー を右クリックして、編集 を選択します。Group Policy Management Editor を閉じます。
  3. コンピューターの設定ポリシーWindows の設定セキュリティーの設定ローカルポリシーセキュリティーオプション に移動します。
  4. ネットワーク セキュリティー: Kerberos で許可する暗号化の種類を設定する をダブルクリックします。
  5. AES256_HMAC_SHA1 を選択し、必要に応じて、将来の暗号化タイプ を選択します。
  6. OK をクリックします。
  7. Group Policy Management Editor を閉じます。
  8. 既定のドメインコントローラーポリシー に対して手順を繰り返します。
  9. Windows ドメインコントローラー (DC) がグループポリシーを自動的に適用するまで待ちます。または、GPO を DC に手動で適用するには、管理者権限を持つアカウントを使用して次のコマンドを入力します。

    C:\> gpupdate /force /target:computer